見出し画像

現地ルポ! ブータンの雪男「ミゲ」「ミゲム」「ミチュン」の正体を追う/松本祐貴

イエティ伝説で知られるヒマラヤ山脈のふもと、ブータンには「ミゲ」と呼ばれる雪男がいるというーー。しかも、その雪男は3種類もいる!? 世界中を旅した筆者が、現地でその正体を探った。

文・写真=松本祐貴

ブータンの雪男伝説

 北はチベット自治区、南はインドに接し、世界最高峰のヒマラヤ山脈のふもとに位置する国、ブータン。国土の40パーセント以上が標高3000メートル以上に立地するこの国では、かねてより「ミゲ」と呼ばれる雪男の目撃情報が多数確認されてきた。

画像1

ヒマラヤのふもとに位置するブータンは国土のほとんどが標高3000メートルの高地にある。

 ヒマラヤ地帯のUMA、雪男としてはイエティが有名だ。その最古の記録は1832年イギリスのネパール公使ホジソンのヒマラヤ研究にイエティの名が出てくる。その後も学術調査は何度も行われ、2011年にナショナルジオグラフィック社が行った科学的調査はDVD『雪男伝説を追え!!』にまとめられている。
 だが、これらの先行研究だけでは、ブータンのミゲの実体はわからない。以前からブータンの雪男伝説に興味を持っていた著者は、2016年7月、ついに現地へ飛んだ。

 今回は現地旅行代理店と事前に綿密な打ち合わせを重ね、何十人もの貴重な証言を得ることができた。ここではブータンの雪男解明につながる4名の証言を取り上げ、調査の足がかりとしたい。
 まず、最初に向かったのはブータン中央部の秘境、標高約3000メートルのポプジカだ。オグロヅルの飛来地としても知られ、人口は数千人という小さな村である。ここで訪ねた人物は、8歳から修行を積み、13歳でお寺に入ったという占い師、クンブ氏である。47歳となった現在は農家と大工を兼業しながら、村人が病気のときは占いもしている。彼にミゲの話を聞いた。

画像2

ポプジカのクンブ氏。村の占い師でもある。

「私は見たことがないが、父から話を聞いたことがある。ミゲは身長が天井よりも大きい。だいたい2メートルから2.5メートルほどだ。顔は丸くて、オランウータンに似ている。人間と同じく二足歩行をするが、足の踵は逆についているんだ」
 話はそれだけでは終わらなかった。

「実はミゲ以外にもミゲムというのがいる。そちらは雪女だ

この続きをみるには

この続き: 3,382文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

または、記事単体で購入する

現地ルポ! ブータンの雪男「ミゲ」「ミゲム」「ミチュン」の正体を追う/松本祐貴

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
6
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

この記事が入っているマガジン

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。