見出し画像

大洪水神話は事実だった!! CIAも調査したアララト山系”ノアの箱舟”地形/並木伸一郎・フォーティアンFILE

不可思議な事件の数々に、超常現象研究家・並木伸一郎が鋭く切り込む人気連載をウェブでもお届け。今回は、トルコのアララト山に存在する「ノアの箱舟」地形の謎と真実に迫る。

アララト山から突き出た巨大な構造物

『旧約聖書』の「創世記」に登場する「ノアの箱舟」。ノアとその家族、すべての動物のつがいを乗せた巨大な船は、神々がもたらした大洪水から彼らを守り、現在のトルコの東端にあるアララト山に流れ着いたという。
「創世記」で語られる箱舟の物語は、あくまで宗教的神話として受け止められてきた。しかし、歴史的事実をもとにした可能性がある。なぜなら、伝説の箱舟がまぎれもなく実在していたからだ。

 ノアの箱舟が”発見”されたのは1959年。トルコ陸軍のルハン・ドゥルピナー大尉が、イランとトルコの国境近く、高度1900メートルの山岳地帯を撮影した航空写真に、奇妙な物体が写り込んでいることに気づいた。巨大な構造物が地上から突き出していたのである。
 一帯は小さな村が点在する程度の僻地で、写真に写っている巨大な構造物に関する報告はいっさいない。不可解に思ったドゥルピナー大尉は、オハイオ州立大学の教授を務めるブランデンバーガー博士に分析を依頼した。当時、ケネディ政権下でキューバが隠し持っていたミサイルを発見したことで知られる博士は、写真解析の権威であった。
 彼が出した結論は、物体が“船”であることは疑いの余地がないというものだった。

画像12

箱舟地形の俯瞰画像。この地形は、1948年の地震の影響で崩れた泥の層から姿を現したとされる(写真=Mfikretyilmaz/Wikipedia)。

画像2

1959年にルハン・ドゥルピナー大尉が撮影した航空写真。丸みを帯びた不思議な構造物が発見された。

 航空写真に写る山岳地帯は、「創世記」のノアの箱舟が流れ着いたとされるアララト山である。ブランデンバーガー博士の解析結果に、だれもが巨大な遺物が伝説の箱舟であると考え、アメリカで発行されていた雑誌「ライフ」でも大々的に報じられた。
 だが翌年の1960年、アメリカの研究グループが行った調査では決定的な結論には至らず、「自然の地形である可能性が高い」というコメントを発表するに留まった。しかしてまた一転、政府から正式な許可を得て1977年から数年にわたって詳細な調査を行ったロン・ワイアット率いる調査グループは、まったく別の結論に至っている。「この巨大遺物は間違いなくノアの箱舟である」と主張したのである。

この続きをみるには

この続き: 2,825文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の6月分まとめです。

ムーCLUBの記事の6月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
14
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。