見出し画像

千鳥会の霊能者・萩原真と道院・紅卍字会の秘儀/不二龍彦

道院・紅卍字会が日本の新宗教界と心霊研究に及ぼした影響は多大なものだった。前回の岡本天明とはまったく異なるルートから扶乩(フーチ)にたどりつき、心霊問題研究グループ「千鳥会」の中心メンバーとして活動したのが、萩原真(まこと)である。荻原の足跡を追いながら、改めて道院・紅卍字会の思想と霊術に迫ってみたい。

文=不二龍彦

多くの巨人を引き寄せた「千鳥会」

 前回の連載では、出口王仁三郎の大本教を介して道院・紅卍字会の降神による自動書記(扶乩[フーチ])を修得した岡本天明らについて記したが、それとはまったく別のルートで扶乩を駆使したのが千鳥会の萩原真(まこと)だ。

画像1

萩原真[まこと](昭和24年)。霊媒として活躍していた千鳥会結成翌年の写真(『自伝』)。5年後、千鳥会は萩原を単独教祖とする真まことの道へと改組した。

 千鳥会は、当初は心霊問題研究のグループとして、戦後の昭和23年6月に発足した。中心となったのは、降霊や自動書記、物理的心霊現象などで傑出した霊能を発揮していた霊媒の萩原真と、医師の塩谷信男だ。
 塩谷は大正15年に東大医学部を卒業し、その後は朝鮮の京城帝大、東大の物理療法内科医局で働いたれっきとした医学者だが、在学中から藤田式息心調和法に取り組み、昭和6年に自身の内科医院(東京・渋谷美竹町)を開業して以後は、患部に手をあてて治療する「生命線療法」を実践するなど、心霊方面に強い関心を抱いていた。

 九州熊本の神人としてその名が鳴り響いていた松下松蔵の門を叩き、病気治し(松下は「おてかず」といった)の霊能を直に譲られて医療現場で活用していた異能の人でもある。
 その塩谷が、戦後、萩原を霊媒として自宅で開催した交霊会が千鳥会の始まりで、牧師の平竹辰、旧陸軍大佐の大久保弘一、2・26事件青年将校の精神的支柱だった大岸頼好、内田良平の大日本生産党幹部だった右翼の八幡博堂なども合流し、のちに「天皇の国師」を称することとなる京都の三上照夫も、八幡の導きで参加した。塩谷信男の娘の皆川博子も、少女時代に千鳥会の霊媒として扶乩を行っている。

画像2

萩原真が撮影した塩谷信男( 昭和23年)。鮮明さを欠くが、塩谷の周辺に白いオーラがかかっているという(塩谷勉『霊は生きている』より)。

 千鳥会は、降霊した神霊の求めによって結成された。神霊は「人類世界永遠の平和という神の御意志を受けた同志が、相集まってここに千鳥会を組織する」と宣言し、千鳥が夜明けに啼くように、同志会員は「明けの浜辺に群れ啼きて明け初そむる夜の長啼き鳥の役目」(『千鳥神相[しんじょう]』)を負っているとされたが、その背景には、人心の荒廃からくる一種の終末論があった。
 第2次世界大戦で世界は破滅と混沌のただ中に投げ出された。けれどもそれは、まだ序の口に過ぎない。後に萩原を通して告げられた神示は、「万華(世界)の姿、照り曇りなしつつ、最後の審判の時に至るは必定」だと説き、戦後の時代は「荒魂のラリルレロ(略してラルロ)の時代」だと訴えた。言霊ラルロによって表される時代とは、「破壊と動乱」の時代のことであり、人類のカルマが生み出す「ラルロの嵐」は、「世界が荒魂期から和魂期に移る前にさけられぬ嵐であり、現実具体的に云えば戦争、天変地異など混乱の状態」だと警告を発していたのである(『真の道 神示』、以下『神示』と略称)。

この続きをみるには

この続き: 8,020文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。