見出し画像

映画情報 霊の顔が写り込んでいる!? 連続殺人鬼を描いた映画に無気味な顔が…/屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

画像1

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(2月14日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開)。

敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバー“ゴールデン・グローブ”で酒をあおっていた。彼がカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいなかった……。

少なくとも4人を殺した

 1970年代のドイツ、ハンブルクで確認されただけで4人を殺害したシリアルキラー、フリッツ・ホンカの"日常"が映画化された。

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は、貧しさと孤独の中で育ったホンカが、ごく自然に人を殺していく。書いてしまえばシンプルにつきるが、その流れがあまりにも自然な行為だけに、劇中の被害者もうっかり受け入れてあっさり殺されてしまうのだ。
 そのため、鑑賞後に「なんで???」という無気味な肌触りが拭い去れない作品だ。

画像2

画像3

 しかも、本作には監督はじめ制作陣の意図せぬ"霊"が写り込んでいるというのだ。
 とある場面で、夜空に、ホンカに殺された女性の顔が写っているというのだ。劇中、いや、殺害された本人のとおり、歯のない顔が……!

 こちらがその場面だが、おわかりだろうか?

心霊写真(元素材)

 明るくしてみると……

心霊写真(すごく明るくした)

 殺人鬼を描いた作品であり、心霊描写、ましてや普通なら気づかれないような「霊の顔」を仕込むはずもない。これは霊なのか、はたして……。ぜひ劇場で、確認してほしい。




いいんですか? ありがとうございます。
7
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。