見出し画像

占い師LUAの心霊事件簿 六本木のバーを訪れた異世界のお客様たち/LUA

タロット占いの名手であり、著書『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』が6万部を超すベストセラーとなっているLUA氏。じつは幼少期から、数々の不思議体験をしているという。
とくに占いバーを経営していた2年間は、そうした出来事が頻発したそうだ。今回は、その思い出をひもといていただく。

文=LUA

「霊の通り道」になった占いバー

 私が六本木の雑居ビルに「LUA’s BAR(ルアズバー)」という占いバーをオープンしたのは、2006年のことだ。
 もともと店を開くつもりはなかったが、月に1度、占い鑑定に通っていたバーのオーナーから、系列店を経営してみないかといわれたのがきっかけだ。つまり、雇われオーナーである。

画像2

LUA’s BARの入り口。金色の龍と蜘蛛の装飾が施されていた。

 開店に当たり、インテリアは、ゴシックとアンティークを好むオーナーと私の趣味を前面に押しだすことにした。
 店のドアには龍と蜘蛛のエンブレム。夜のように暗い店内には、ゴールドの壁と赤い照明。装飾品は、SMプレイにでも使えそうなアンティークのチェーンと、ヤギをはじめとする動物の頭蓋骨が3つ。カウンターの中にあるボトル棚は一面が鏡張りで、途中から折れ曲がっていたため、見る角度によっては合わせ鏡のようだった。営業時間中は、その棚の前でロウソクを点ともしつづけたのである。

 まあ、ひとことでいえば、黒ミサという言葉が似合うような、妖しい雰囲気の店ができあがった。とはいえ、私にとっては居心地のよい空間だった。
 店をはじめて1週間ほどたったころだろうか。近くで働いているという女性がやってきた。彼女は、店のドアを開けるとすぐ、両手を上に向けて目を閉じ、しばらく無言でその場に佇んだ。いったい何事かと、私もお客様も呆気に取られていると、おもむろに目を開いたその女性が、目をキラキラさせながらこういった。
「ここはすばらしい空間ですね。あなたのパワーがそうさせていますね!」
 ネガティブなことをいわれるだろうと身構えていた私は、拍子抜けした。

画像4

当時の店内の様子。カウンターの中にあるボトル棚は鏡張り。奥にはシカの頭蓋骨が飾られていた。

「見える」人たちが次々と店を訪れる

 この一件が呼び水になったわけではないと思うが、以来、この店に「ただならぬ何か」を感じるという人が次々と現れた。たとえば、雨の日にふらりと訪れた女性は、帰り際にこんなことをいい残した。
「ここは霊が集まる場所で、いい霊と悪い霊が往き来しているわ。あなた、すごく面白い人だわ。いい霊も悪い霊も平気なのね。あなたなら大丈夫よ。でも、ほかの人はダメかも。体を壊すから、長くはいられないわね」
 来店して、いきなり怪訝な表情を浮かべ、「あ、ごめんなさい。うん……ここはちょっと」といい、1杯だけ飲んでそそくさと帰った女性もいた。

「この店はとてもにぎやかで、いろんなモノの通り道になっているよ。鏡張りのボトル棚の前をあっちへ、こっちへと移動しているのが見える。霊道になっているんだね」
 こう話してくれたのは、友人の恋人だ。とても穏やかで優しい印象のその男性は、「見える」人だった。

 ご存じだとは思うが、霊道とは、文字どおり霊の通り道である。私の店がそうなっていると指摘する人は、彼以外にも大勢いた。
 ある男性は、店の場所がレイライン上に位置しているために、尋常ではないパワーが集まっていると教えてくれた。UFOや超能力などに関心があるというその男性は、いろいろな知識を楽しそうに披露した。
 彼によれば、宮崎県の高千穂と茨城県の鹿島神宮を結ぶライン上には剣山、伊勢神宮、富士山、明治神宮などの重要な霊的スポットが並び、私の店もそのライン上にあるという。確認してみると、そのとおりだった。

画像5

高千穂と鹿島神宮を結ぶ線上には、剣山や富士山などの重要な場所が並ぶ。LUA's BARのある六本木も、この線上に位置していた。

ふたりのアルバイトが相次いで入院

 正直にいって、店の経営は順調ではなかった。店が入っている雑居ビルが大通りの1本裏だったことに加え、東京ミッドタウンの工事中だったため、人通りが少なく、集客がとても困難だった。なんとかお客様を増やそうと、ビラ配りに精を出したこともある。
 だが、アルバイトを置かないわけにはいかなかった。お客様から依頼されて、私が占いをしているときは、接客できる人がいなくなってしまうからだ。

 オープンから3週間ほどが過ぎたころだ。ふたりいたアルバイトのうちひとりから連絡があり、気胸で入院したという。突然のことに驚き、早く回復して出勤してくれますようにと思っていると、もうひとりのアルバイトからも連絡があった。
「痔の手術をしなければならないので、休ませてください。すみません」
 ふたりしかいないアルバイトが、同時に入院してしまった。困惑すると同時に、「あなたなら大丈夫よ。でも、ほかの人はダメかも」といわれたことをふと思いだした。

画像12

店が入っていたビルのエントランスにも看板があった。

 ともあれ、六本木は面白い街だ。最先端の分野で活躍する人からスピリチュアル系の話が好きな人、コワモテの人まで、本当にいろいろな人が集まるし、さまざまな出来事が起こる。しかし、まさか人ならざるモノまでが集まってくるとは思わなかった。

この続きをみるには

この続き: 13,519文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。