宇佐和通DEEPRUMORポリビウスtop

マインドコントロール実験だったのか!? 1981年の「Polybius」をめぐる謎と陰謀/宇佐和通・DARK RUMOR

都市伝説研究家・宇佐和通が、インターネットの奥底で語られる噂話を掘り起こし、光を当てる。今回は1981年にオレゴン州に設置されたというゲームについて。1981年に、「Polybius」というゲームを遊んだ記憶はないだろうか? 今世紀にリリースされた作品ではなく、薄暗いゲーセンの片隅でーー。

文=宇佐和通

Polybius ポリビウスというゲーム

 パックマン、ドンキーコング、クレイジークライマー、そしてセンティピード。80年代初頭は、後に生まれるファミコンからスーファミ、そしてプレイステーションなどにも移植される名作ゲームが多数生まれた。この原稿で触れていくのは、そうしたゲームのひとつだ。
 しかし、そのゲームが実際に存在したのかどうかは確認できていない。おそらくこれからもそうだろう。そしてそのゲームにはCIAのマインドコントロールプロジェクト、アメリカ政府による兵士育成プログラム、さらには行動抑制/促進プログラムに関する噂が常についてまわってきた。

 ゲームの名前は“Polybius”(ポリビウス/ポリビアス)。古代ギリシャの歴史家ポリュビオスの名をとったこのゲームの詳細について覚えている人、そして実際にプレイしたという人を探したとしても、まず見つからないだろう。どんなゲームだったかさえわからないのだ。

 ポリビウスがリリースされたと言われているのは1981年だ。オレゴン州ポートランドのゲームセンターで見たと語る人が多い。稼働していたのはわずか数週間だったという。当時のアメリカでは、大都市圏に必ずビデオアーケードと呼ばれるゲーセンがあった。それに加えて、アタリ社とかミッドウェーゲームズ社が直営するアンテナショップもあって、多くの若者が集まっていた。

この続きをみるには

この続き: 4,294文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の2月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の2月分セットです。

または、記事単体で購入する

マインドコントロール実験だったのか!? 1981年の「Polybius」をめぐる謎と陰謀/宇佐和通・DARK RUMOR

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
12
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。