フォーティアン_ネッシーtop

科学調査のネッシー=ウナギ説に反論! ネス湖の怪物は生きている/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ネス湖に含まれるDNAを分析した科学調査の結論に異議あり!! 2019年9月に研究機関が発表し波紋を呼んだネッシーの正体について、数多の物証とともに反論していく。

文・資料=並木伸一郎

発見されなかったネッシーのDNA

「ネッシーのような巨大な爬虫類がネス湖に存在しないことは断言できる」
衝撃的なニュースが発信されたのは今年9月5日のこと。ネス湖の湖水を徹底的に検証したニール・ゲンメル教授を中心とする国際的な科学者チームが、世界で最も有名な水棲UMAの存在を真っ向から否定したのである。
 ニュージーランドでもっとも歴史のあるオタゴ大学の研究チームとゲンメル教授は、2018年6月に、ネス湖で2週間に及ぶ調査を敢行。深度の異なる3つの水域の約250か所で採水したサンプルをはじめ、湖に生きる生物の表皮や糞など、採取した試験片を、ニュージーランドを含む4か国の研究機関で分析した。
 解析された生物由来のDNAは約3000種におよぶ。ネス湖に生息する魚類全種に加え、哺乳類のものも検出されたが、大多数は微生物。いずれにしてもネッシーはおろか、ワニなどの水生爬虫類のDNAは痕跡すらなかった。こうした結果が、教授の “断言できる”という発言につながっているのだ。
さらに研究チームは、プレシオサウルスやチョウザメ、オオナマズ、巨大ウナギなど、ネッシーの正体とされる仮説を検証し、このうちのひとつ、巨大ウナギが“正体”にあてはまる可能性が高いと結論づけた。
 ネス湖は大型ウナギの繁殖地として知られており、今回の調査でも異常ともいえる量のウナギのDNAが検出された。何らかの理由で“巨大化したウナギ=スーパーイール”が存在しても不思議はないという。
 だが古来、数多くの人々によってネッシーは目撃されつづけてきた。今回の調査がいかに精度の高いものであっても、これらの証拠すべてを否定できるものではないはずだ。本稿では、過去の事例と証拠を見ていき、教授らが示す“結論”の反証としていきたい。

ネス湖の怪物に関する 目撃記録の数々

この続きをみるには

この続き:3,296文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
7
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。