フォーティアン_UAPtop

本物認定されたUFO映像=未確認航空現象「UAP」の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、心霊現象——。今日までに世界各地で起きた超常現象の数々。事件はなぜ起こるのか? はたして現在はどうなっているのか?
不可思議な事件の数々に、超常現象研究家、並木伸一郎が鋭く切り込む。
今回は、米海軍公式報道官が〝本物〟と認めたUFO映像を解説するとともに、未確認航空現象「UAP」の謎に迫る。

やはりUFO機密映像は 本物だった!!

 2019年9月10日、UFO史に新たな1ページが刻まれた。
 2017年12月16日に、ペンタゴン(米国防省)の元職員ルイス・エリゾンドがリークしたUFO映像(本誌2018年3月号にて既報)について、海軍の公式報道官であるジョセフ・グラディシャーが、映像は“本物”であり、映っているものも“未確認の飛行物体”であることを認めたのだ。

 そもそも、映像は米軍の機密情報だったが、指定が解除されたものを公益法人が2017年12月から2018年3月にかけて一般に公開していたものだ。
 いずれも米海軍戦闘機F/A‐18 E/F スーパーホーネットのパイロットによって撮影されたもので、楕円形あるいは長方形の物体が高性能赤外線センサーによって自動追尾される様子が映り込んでいる。国籍不明の秘密兵器とも考えられるが、推進器や翼のようなものが確認できないことから、地球外のテクノロジーで作られた飛行物体、すなわち「エイリアンクラフト」である可能性のほうが高いだろう。

画像6

「Gimbal」と名づけられた映像。2004年に撮影された。

画像7

2004年11月、サンディエゴ上空で撮影されたUAP。この映像は「FLIR1」と名づけられている。

 だが、グラディシャー報道官はこれらの飛行物体をエイリアンクラフトと認めたわけではない。その証拠に、取材に応じた彼が「海軍は、これらの映像に含まれる物体を未確認航空現象=UAPと規定している」と発言しているからだ。
 グラディシャー報道官によれば、UAP(Unidentified Aerial Phenomena)とは、「軍事統制訓練範囲の空域に進入した未承認もしくは未確認の航空機、または物体」を指す。
 一方でUFO(Unidentified Flying Object)は「正体を確認できない飛行物体」を指し、そこには風船やドローン、識別不能の航空機まで含まれる。

 決定的な違いは、ともに“未確認の飛行物体”を示しながら、UAPはそれが未識別の敵性航空機であれ、エイリアンクラフトであれ、何者かが操縦していることが前提であることだという。現象という言葉を使う以上、ゲートのようにUFOの出現と関連性のある現象も含むのかもしれないが、その定義についての詳細は語られていない。
 いずれにせよ、UAPは“何者かが操縦する飛行物体”であることは間違いない。もし、グラディシャー報道官が映像の飛行物体をあえてUAPと表したのだとしたら、そこに何らかの意図があるはずだ。はたして、“本物”と認定された映像に映る物体は何か? まずはYouTubeで確認できる動画をつぶさに見てみよう。

画像5

映像が"本物"であることを認めた米海軍のジョセフ・グラディシャー報道官。

公開された 3本の機密映像 

この続きをみるには

この続き:3,061文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の1月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の1月分セットです。2020年大予言、兵庫県千種町のツチノコなど...

または、記事単体で購入する

本物認定されたUFO映像=未確認航空現象「UAP」の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ムーPLUS

100円

いいんですか? ありがとうございます。
12
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。