斎藤ビーナス1top

縄文のビーナスが示す超古代日本の信仰体系/斎藤守弘・極孔神仮説

前衛科学評論家を自称し、UFOから超古代文明まで視野を広げていた故・斎藤守弘氏は、晩年に縄文時代に信仰されていた「極孔神」についての研究を重ねていた。遺稿をもとに、原始日本の精神文明を解き明かす。

文=羽仁礼(一般社団法人潜在科学研究所主任研究員、ASIOS創設会員)
編集=高橋聖貴

前衛科学評論家・斎藤守弘の最終仮説「極孔神」

 よく晴れた日を選んで、北の夜空を見上げてみよう。しばらく星空を眺めていると、満天の星々が天の北極を中心として、東から西へ、つまり北を向いて立つと反時計回りに弧を描いて移動していくのがわかるだろう。
 この周回運動は、カメラのシャッターを一晩開放しておくと一層はっきり確認できる。フィルムには、暗い夜空を背景に、無数の同心円が刻まれていることだろう。

画像3

 同時に、中心部にほとんど星のない領域が存在することも明らかになる。天の北極を中心とするある程度の範囲には、二等星の北極星の他には四等星が二個ほど見えるのみである。
 地球の歳差(さいさ)運動により、天の北極の位置は約2万5700年の周期で移動していくから、数千年前には極周辺の円環領域にまったく星が存在しない時代もあった。その頃夜空を眺めていた古代人が、星々の周回運動と円形の暗黒宙域に気付いたとしたら、どう考えていただろうか。
 斎藤守弘(さいとうもりひろ)は、彼らはこの円形の領域を神格化し、人類最古ともいうべき信仰体系を作り上げたのではないかと考えた。そしてその神格化された存在を「極孔神(きょくこうしん)」と命名したのだ。

 斎藤守弘といえば、日本最初のUFO研究団体である「日本空飛ぶ円盤研究会」の初期からの会員でもあり、後にプロの作家を輩出することになったSF同人誌『宇宙塵』の創設会員の1人でもある。
 1960年代から70年代にかけては、「前衛科学評論家」を名乗って多くの著作を著すとともにテレビやラジオにも何度となく出演し、日本の超常現象シーンに大きな足跡を残した人物である。「がしゃどくろ」という妖怪は斎藤の創作であるし、「サンジェルマン伯爵タイムトラベラー説」も斎藤が最初に唱えた。さらに徳川家康が出遭ったという「肉人」や江戸期に舎利浜へ漂着した「虚舟」の記録を発掘したのも斎藤である。
 斎藤守弘は2017年に亡くなったが、晩年の斎藤が、他のあらゆる超常研究を中断して取り組んでいたのが、自ら提唱した「極孔神」仮説の立証である。

盃状穴と神社仏閣の「聖方位」

 斎藤が、「極孔神」という存在にたどり着いた背景には、盃状穴(はいじょうけつ)と、神社仏閣の「聖方位」の発見がある。
 斎藤は以前から、各地の古墳や神社、寺院を訪れる際には常に方位磁石を持参し、社寺であれば参拝者が拝礼する方向、つまり拝殿が向いているのと真反対の方向を調べ、古墳であれば主軸が走る方向がどの方角になるかを計測して歩いた。
 その結果、古墳についてはばらばらだったが、由緒ある社寺については、参拝者が真北より10度ほど東にずれて拝礼している場合が多いことを発見した。時には西に10度ずれている場合もあったが、この「10度のずれ」というものがずっと斎藤の頭を悩ませていた。斎藤はこの方角を、とりあえず「聖方位」と名付けた。
 もうひとつ、この10度のずれを持つ社寺を訪れると、盃状穴を見る確率が高いことにも気付いた。

 盃状穴とは、石の表面に人工的に刻まれた真円の小さなくぼみのことである。日本だけでなく世界中で確認されており、海外では「カップ・マーク」と呼ばれている。大きさは様々だが、形状は常に真円で、円の内側は浅く彫り込ま諏訪大社下社春宮参道に存在する盃状穴が多数掘られた敷石れている。そしてこれを刻んだ目的については、いまだに定説がないという謎の遺物だ。

画像1

諏訪大社下社の春宮参道には盃状穴が多数掘られた敷石がある(写真=Nekotarousukezaemon/Wikipedia

画像2

イタリアのピエモンテ州にある「杯状穴」(写真=108nero/Wikipedia)。

 円形の盃状穴と10度のずれという組み合わせに長いこと頭を悩ませた末に、斎藤守弘は北の空、真北から10度ほどの半径を持つ円形の領域に何らかの意味があるのではないか、と考えたのだ。
 円は洋の東西を問わず女性的なシンボルであるから、円形領域を神格化するなら女神であろう。女性神であれば、生命を生み出す役割を担うはずだ。そう考えて斎藤は、この女神を「極孔神」と命名したのだ。極孔とは天の北極に暗い穴のように見える領域を言い表した言葉で、それを神格化したから「極孔神」ということになる。

 しばらくの間、この「極孔神」は斎藤にとっても単なる仮説に過ぎず、「極孔神」信仰が実在したという具体的な証拠は見つからなかった。しかしあるとき、斎藤はその存在を明確に示す縄文時代の遺物を発見した。その遺物こそ平成7年(1995年)に国宝に指定された「茅野(ちの)市棚畑(たなばたけ)遺跡出土土偶」、通称「縄文のビーナス像」である。

4 写真№12 クレジット

縄文のビーナスは極孔神なのか

この続きをみるには

この続き: 2,171文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の2月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の2月分セットです。

または、記事単体で購入する

縄文のビーナスが示す超古代日本の信仰体系/斎藤守弘・極孔神仮説

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
14
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。