見出し画像

京都西院・呪音の家/吉田悠軌・怪談解題

四半世紀前に関西で起こった凄惨な殺人事件は、現場となったマンションも、犯人の潜伏した住宅も残される、いまだ生々しい出来事だ。事件に関連する京都西院を訪れた探偵は、古都の地下に眠る「水の記憶」を発掘した。

文・写真=吉田悠軌 #怪談解題

八坂神社で疫病退散祈願

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今月の一枚は京都・八坂神社で疫病退散を願ったところ。

ずっと聞こえていたおじさんの声

「吉田さん、お久しぶりです。京都に来られるとのこと、案内したい場所があります。
 西院にある、俺の実家のすぐ近所です。昔、そこに殺人犯が潜伏していたのです。
 事件は25年前に起こりました。大阪府交野市のマンションで、45歳の女が、再婚したばかりの52歳の夫を殺し、その遺体をバラバラにしていったのです。なんと1年以上も発覚しなかったのですが、女はその間、うちのすぐそばの借家でも生活し、マンションと行ったり来たりしていたようです。
 その建物は今でもあります。なんだか行きづらい、嫌な雰囲気の袋小路にある、古びた家屋です。ただし女の羽振りはよかったそうで、近所の人に奢りまくったり、嵐山で人力車を借りて豪遊したこともあったとか。
 あと、借家から道路にせりだした便所の前に、いつも女の飼っているシーズー犬がちょこんと座っていたのを覚えています。
 女はその家にも、夫の一部を持ってきていました。逮捕後、軒下に埋められた体の一部が発見されたそうです。『鍋で肉を煮込んでいた』『その肉を犬に食べさせていた』との噂もあり、俺の父親も同じようなことを呟いていました。
 それと2ちゃんねるに、事件当時の体験談が書き込まれています。残念ながら件の借家ではなく、殺害現場のマンションでの出来事ですが、面白い怪談なのでリンクを貼っておきますね」

画像2

 ——知人の横森君から、そんな連絡をもらった。折から京都への日帰り仕事があったのだが、西院であれば京都駅からすぐ出向ける。そして確かに、当該事件も2ちゃんねるの怪談も、ひどく興味深いものだった——。

この続きをみるには

この続き: 4,029文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
14
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。