見出し画像

ナチス・ドイツを動かした地底世界ヴリル伝説の聖典「来るべき種族」解読/宇佐和通

19世紀イギリスで、ある著名作家がひとつの小説を著した。地底世界に高度な文明を築いて栄華を極める超人類を描いたものである。だが、娯楽小説であったはずの物語の内容が、後にナチス・ドイツと結びつき、世界を震撼させることになる。
この小説『来るべき種族』の翻訳者の談話を中心に、ナチスの、ヒトラーの抱いた野望を解き明かす。

文=宇佐和通 イラストレーション=不二本蒼生

ユートピア小説『来るべき種族』

 読者諸氏は『来るべき種族』(原題:『The Coming Race』)という小説をご存じだろうか? イギリスの政治家・作家のエドワード・ブルワー=リットン(1803~1873)による、“ユートピア小説”というジャンルに分けられる作品だ。ここでその内容をざっと紹介しておこう。

画像35

エドワード・ブルワー=リットンの著書『来るべき種族(The Coming Race)』。小澤正人氏による邦訳版が2018年に月曜社から発売された。

――主人公は偶然、地球の奥底にある地底世界に入り込んでしまう。そこにはヴリル=ヤと呼ばれる社会があり、その住人“アーナ”は、神秘のエネルギー“ヴリル(Vril)”を操り、超文明を築いていた。
 ヴリル=ヤに受け入れられた主人公はアーナの社会をつぶさに観察していく。地底世界の伝説によれば、彼らはいつの日か地上に出現するという。地球内部の先進的文明社会を舞台に繰り広げられる、超エネルギー・ヴリルと自動人形を活用するアーナ、そして格差や差別、労働も戦争もないヴリル=ヤについての物語であるーー。

 今回、この『来るべき種族』の翻訳を自費出版から始め、単行本として完成させた翻訳者の小澤正人氏(愛知県立大学外国語学部教授・取材当時)にお話をうかがう機会を得た。

 ヴリルという未知のエネルギーとは何か? ヴリルの原点・原義とは何か? 『来るべき種族』に描かれた地底世界、すなわち当時の理想郷=ユートピアの意味はどのようなもので、どんな形で位置づけられていたのか? そして、ヴリルに多大な興味を抱いたというドイツの独裁者アドルフ・ヒトラー(1889~1945)や、ナチスの神秘主義にどんな影響を与えたのか? 筆者が抱くこうした疑問のみならず、小澤教授には、多岐にわたる内容をお話しいただいた。

画像3

『来るべき種族』を翻訳した愛知県立大学外国語学部の小澤正人教授(肩書は取材当時)。

ブルワー=リットンの実像

 まずは訳書の後書きから、著者エドワード・ブルワー=リットンについて紹介しておく。

 エドワード・ブルワー=リットンは19世紀イギリス、ヴィクトリア朝時代の有名作家で、日本では明治期に政治小説や歴史小説が翻訳され人気を博している。とくにイタリアのヴェスヴィオ火山の大噴火(西暦79年)を背景にした小説『ポンペイ最後の日』で知られた。その後、当時の人々が抱いた幻想小説やオカルトへの関心から『ザノーニ』と『不思議な物語』が翻訳されている。
 しかし本書『来るべき種族』は、ユートピア思想史やSFの先駆的作品についての研究でしばしば言及され、またオカルト関係文献においてもよく取り上げていられるにもかかわらず、なぜか翻訳されなかったものである……。

 このブルワー=リットンについて、小澤教授は次のように語る。
「ブルワー=リットンという人は、きちんとした学校教育は受けていません。家庭教育で勉強して、後になって大学に行き、小説もたくさん書きました。思想家であり文人であり、いろいろなものを読んでいたようです」
 実のところ『来るべき種族』の内容から、作者としてのブルワー=リットンをオカルト主義と直結させて考えたがる人は少なくないだろう。しかし、彼自身がそうしたものを信じていたかといえば、はっきりとはわからない。
 小澤教授によると、孫のヴィクター・ブルワー=リットン著の伝記本には、次のような内容の記述があるという。
「ヴィクターは、祖父はこういう本を書いたけれども、どうやら懐疑派だったようだとしています。絶対的に信じているわけではなかったようですね。心霊関係の資料は多く持っていて心霊術の会にも参加していたけれども、全部信じているようではないらしかったということです」
 とはいえ、直接的な行動に出たこともあったらしい。
「娘を早く亡くしていて、その霊を呼び出すといったこともしてもらったようです。だからといってすぐに信じたのではなく、懐疑的な姿勢は崩さなかったようですね」

画像2

エドワード・ブルワー=リットン。

 ただし、ブルワー=リットンの周囲の人々は彼をオカルト主義と結びつけたがった。伝説の秘密結社“薔薇十字団”の重鎮などと噂されることもあったらしい。だが、これには理由がある。
 以下、これも『来るべき種族』の後書きからの紹介になるが、1842年に出版された『ザノーニ』の「序」に次のような内容の一節がある。

――何年か前、まだ作家としても人間としても駆け出しであったころ、たまたま私は、薔薇十字団という名で知られる不思議な組織の真の起源と教義とを知りたいという気を起こした。やがて私は不思議な老人と知り合い、古代の叡智を学び、不死に近い存在となった男ザノーニの物語を渡されるーー。

 この「序」は作品の一部であるから、「私」を単純にブルワー=リットン本人と同一視するわけにはいかないが、彼が早い時期から神秘思想に関心を持っていたことは確からしい。

画像6

謎の組織"薔薇十字団"の「見えない学院」。ブルワー=リットンもこの秘密結社の団員だったのかだろうか?

『来るべき種族』は、地底人アーナと神秘のエネルギー・ヴリルについての物語だ。アドルフ・ヒトラーも魅力を感じたというヴリル。彼はアーリア人種至上主義を自らのイデオロギーの中核に据えたことで知られる。

5-09ヒトラー

『来るべき種族』に惹かれたナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラー。

 だが、アーナやヴリルとアーリア人至上主義は、どのように結びつくのだろうか? もしかすると、ヒトラーはブルワー=リットンの卓越した言葉使いのセンスに心を奪われたのかもしれない。

 小澤教授によると、
「ブルワー=リットンは、小説の中にサンスクリット語の要素を盛り込みました。ヴリル=ヤの人たちが使っている言語というのは、もしかしたらサンスクリット語の流れを引いているかもしれない、としたのです。こうした要素がアーリア人至上主義思想を強めることになりました。太古、地下に逃れたアーリア人がアーナとなって、謎の力を有するに至ったという解釈が生まれたのです。
 というのも、アーリア人の系譜をたどると、伝説の地底ユートピア・アガルタとかシャンバラの住人の末裔であるという伝説が残っていたのかもしれない。それを継承するのがアーリア人、とくにゲルマン民族である。だから彼らは、人間として一番優れた民族である……。
 こういうふうにしておくと、重みがつきます。ヒトラー自身がどの程度信じていたのかはわかりませんが、落ちぶれかけたドイツをもう一度盛り上げようとしていたわけです。つまり、自分たちはできると訴えるための裏付けとしたのではないでしょうか? そして彼の周囲に、この思想を積極的に広めた人たちがいました」

画像9

チベット仏教の聖典『時輪タントラ』に描かれた理想の仏教王国シャンバラ。

古代ギリシア遡る”ユートピア”の歴史

 これまで紹介した通り『来るべき種族』は、ユートピア小説というジャンルに分類され、小澤教授の専門研究分野である。

「私はこの作品をSFとかユートピア小説という前提で訳しているので、立場としてはオカルト寄りではありません。SFやユートピアについての研究をしてきた中で、文学史でいうと、17世紀の終わりくらいから理性と科学の啓蒙思想とか、“魔法から科学へ”という流れがありました。18世紀ごろにヨーロッパでは啓蒙思想と人権思想に基づくようなユートピアについての本がたくさん書かれるようになりました。
 ただこれらはあまり面白くなく、政治論文を小説の体(てい)にしたようなものでした。論文と小説の区別がよくわからないような内容の読み物が、主張の手段だったのです」

 ユートピア小説の歴史は、想像するよりもはるかに古い。

「小説ではありませんが、古代ギリシアの哲学者プラトン(紀元前427~前347)の対話編『国家』から始まり、架空社会を作るという手法は当時から続いていました。その流れの中で18世紀にユートピア関連の作品が大量に書かれて、19世紀から20世紀にかけてそういう風潮がさらに強まりました」

 ここで小澤教授に、多くの作家が題材として、そして多くの読者が惹かれた“ユートピア”という言葉の定義をしていただいた。

「16世紀イギリスの政治家・思想家のトマス・モア(1478~1535)が書いた『ユートピア』という本が、“ユートピア”という言葉を最初に使った作品です。海の彼方のどこかの島にとても素晴らしい国があるというものです。そこがユートピアで、住んでいるのは自分たちと同じ人間です。よい教育や制度があると、人間はここまでよい国が作れるということですね。そこに行って見てきた人が帰ってきて話すという体裁で展開します。ただ、それを16世紀当時の貴族や王に伝えたところで実現できるわけがありません。ユートピアというのは、“あるけれどもない国”なのです」

 あるけれどもない……?

「ユートピア(utopia)という言葉から考えても、ユーは“ない”という意味ですね。トピアは“場所”を意味する言葉です。ひとつにすると、“ない場所”という意味になります。同じ発音で綴りが少し違う言葉に“よい場所”という意味になるeutopiaがあります。ふたつ合わせると、“よいけれどもない場所”ということになりますね。非現実的であるからこんなことはできない、と思ってしまうと、そこで終わりです」

画像8

トマス・モア。

 ユートピア“小説”は、伝え方の工夫をしていく過程で生まれたといえる。

「政治家が理想を語る言葉だと聞き逃されるだけかもしれませんが、小説という形になるとやや受け容れやすいかもしれません。提言ではあるけれども、可能性としてどうか?
 昔はこういうふうに、夢と小説と提言と全部ひとつにするというのが、文学的な手法として存在していたわけです。今はそういう手法がむずかしいし、おそらく受け容れられないでしょう。それに、完全に幸福な人たちだけが暮らしている社会について書いて、なおかつ読む人たちも“これはいいな”と思うような内容は無理でしょう」

画像7

モアの思い描いたユートピア。

ユートピア小説による想像力の喚起

 では、小澤教授が『来るべき種族』の翻訳(前述の通り、スタートの時点では自費出版である)を決心した理由は何だったのか?

「ユートピアについて研究をしていると、19世紀から20世紀にかけて、新しいタイプのユートピアが出てきます。そのうちのひとつがこの本なのです。
 同じころに出たのが、同じくイギリスの作家サミュエル・バトラー(1835~1902)の『エレホン』で、早い時点で翻訳が出ました。いろいろなユートピアの研究書を読むと『来るべき種族』が必ず出てきます。でも日本語の翻訳がありません。それがいちばん大きい理由ですね。
 翻訳がなかったのは、多分たまたまだと思いますが。『The Coming Race』をアマゾンで検索すると、かなりの数のバージョンがヒットします。いろいろな出版社が出していますが、大半は本文だけです。版権が切れているので、本文だけのものはどんどん出すことができます。研究者がきちんと研究して出した本もあります。私が翻訳で利用したのは、序文や注、そして解説が付けられているものですね」

 なお、小澤教授にはユートピア小説の役割についても語っていただいた。

「ユートピア小説とかSFというのは、可能性のひとつとしてシミュレーションを行うものということです。こういうふうになっていくと、こういうふうになるかもしれない。今われわれはこう思っているけれども、ちょっと思い方を変えて、違う一歩を踏み出したらどっちに行くだろう? それをシミュレートするわけです。
 空想してみる。想像してみる。それがユートピア小説とかSFの今日的な意義だと思います。もちろん、単純に娯楽としての面もありますが……」

2・オープニング用

地底人の操る謎のパワー”ヴリル”

この続きをみるには

この続き: 12,430文字 / 画像26枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
24
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。