南ア巨人文明top

古代遺跡と化石に残された巨人たちの姿ーー知られざるアフリカの超古代巨人文明/マイケル・テリンジャー

人類発祥の地、南アフリカに巨人文明が存在した!?
南アフリカの探検家にして古代史研究者、化学者、サウンドエンジニア、政治家といくつもの顔を持ち、「21世紀のインディ・ジョーンズ」と呼ばれるマイケル・テリンジャーが、本誌に特別寄稿!
巨人文明の痕跡である「泥化石」をきっかけに、超古代文明の謎に迫る。

文=マイケル・テリンジャー

南アフリカで発見された巨人の化石

 南アフリカが古代遺跡の世界一の密集地であることは、あまり知られていない。エジプト文明やシュメール文明以前に建造されたと見られるストーンサークルが点在し、その数は数百万にのぼる。
 その謎を解くべく探検・調査をつづけてきた私は、やがて古代遺跡の周辺に奇妙な形の大きな石が多数あることに気づいた。叩いてみると鈴のような音がする。興味を覚え、2007年ごろからそうした不思議な石を収集してきた。

画像1

筆者が発見した巨人の心臓の泥化石。血管も見える。

画像2

泥化石を集めた筆者の博物館。巨人の男性器らしき泥化石もある。

 私のコレクションが、じつは岩石ではなく泥化石と呼ばれる特殊な化石で、しかも、巨人や恐竜などの体の一部が化石化したものであると知ったのは、2年前のことだ。
 泥化石は電化化石とも呼ばれ、特異な自然現象から生まれる。水分を多く含む大地に雷が落ちると、その電流を触媒として変容が起こり、泥にまみれて埋もれている生物の体が、一瞬にして化石化するのだ。

 ロジャー・スパーという研究者によれば、地球上には、古代に発生した大洪水の産物とおぼしき巨人の泥化石がたくさん残されており、かつては巨大な内臓であったと思われる泥化石からは、腐敗した人体組織のDNAが検出されたという。彼はこのことを2018年にネット上で発表した。
 これを知ったときには、目が開かれたように感じた。私はそうとは知らずに、人類の歴史をくつがえす物証となりうる超古代の巨人の泥化石を集めていたのだ。
 このエキサイティングな発見をきっかけに、私は収集に力を入れ、これまでにヒトあるいはヒトによく似た生物の内臓、手足、骨、さらには恐竜や恐竜の卵など、数千の泥化石を集めた。そのなかには、12人のリモートビューワーが全員、巨人の足の指か手の指だとリーディングしたものもある。
 最初のうちは、いったいなぜ、まるで手術で摘出されたような丸ごとの臓器や、切断されたような体の部位が個別の泥化石になるのかに頭を悩ませたが、今では自然な化石化の過程だったと考えている。生物を構成する有機的なパーツは、内臓や骨や筋肉といった部位ごとに、含まれる水分、ミネラルの配合や化学的な性質が異なるので、それぞれが独自の変容を経て個別の泥化石となるのだ。

画像3

筆者は、アフリカの古代遺跡の現地調査ツアーを主催している。

 シュメール文明研究の権威であるアントン・ポークによれば、超古代の地球には、爬虫類人であるドラコニアンや、古代バビロニアの創世神話に記された神、キングーの血族など、40種類の生物がいたという。
 私が発見した泥化石から推測すれば、南アフリカで暮らしていた巨人の多くは身長40〜50 メートルだが、なかには300メートルのものもいる。恐竜に多くのタイプがいたように、巨人にも大小さまざまな種族がいたのだろう。

 じつは私は、泥化石の存在を知る以前から、南アフリカの古代遺跡が巨人文明の遺構だったという考えを強めていた。それで2012年に、南アフリカの岩盤に残る巨人の足跡をビデオで紹介したのだ。当初は多くの人から、でっちあげだ、テリンジャーは詐欺師だなどと中傷されたが、カナダの金鉱関係者から連絡があり、それらが本物の巨人の足跡だという科学的根拠を知ることができた。
 その金鉱関係者は、毎秋カナダの金鉱へ行き、冬の直前まで金を採掘している。採掘がすむと、粉砕され、水とまじり、ドロドロのセメントのようになった残骸の山をそのままにして鉱山を離れるのが常だ。
 翌春、鉱山へ戻ると、前年の残骸が冬の間に冷えて、花崗岩(かこうがん)のような硬い岩盤になっている。その岩肌には、まだ柔らかなセメント状のときに、そこを通った野生動物や鳥の足跡がついているというのだ。
 この情報は、私にとって非常に大きな意味を持っていた。南アフリカの巨人の足跡も、古代の金鉱近くの岩肌にあるからだ。なぜそんな場所にあるかという謎が解けただけではなく、私が調べていた古代遺跡が、古代の金鉱のそばにあると気づかせてくれた。
 南アフリカには数千の金鉱があるが、その多くが古代の金鉱を改めて採掘しているものだ。このことは、一般には秘されてきた事実である。

画像4

古代の金山に残る巨人の足跡。巨人族は、アヌンナキによって滅ぼされた可能性がある。

画像15

南アフリカには、古代の金鉱と見られる採掘場跡がたくさんある。

「金をゼリー状にする」古代の超技術

 2012年、南アフリカのムプマランガで、巨大なストーンヘンジが発見された。私はこれを「アダムのカレンダー」と呼んでいる。おそらく30万年くらい前につくられた世界最古の日時計だろう。その写真を先住民のシャーマンであるババ・クレド・ムトゥワに見せたところ、1937年に彼がイニシエーションを受けた「太陽/息子の生誕地」だといって泣きだした。

この続きをみるには

この続き: 4,829文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の3月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。

または、記事単体で購入する

古代遺跡と化石に残された巨人たちの姿ーー知られざるアフリカの超古代巨人文明/マイケル・テリンジャー

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
14
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ムーCLUB 2020年3月配信セット
ムーCLUB 2020年3月配信セット
  • 31本
  • ¥1,200

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。