見出し画像

5月後半はお菓子やお香で開運! 来たる吉運期へ準備せよ/雨宮零・九星術 ムー開運

引き寄せと改運(開運)を得意とする雨宮零氏が「開運ミッション」を指南。カレンダーや手帳にメモして実践すれば、あなたの生活に、確実に変化が現れる! 5月1日にご紹介した「お守り作成法」を含め、気になったテーマの開運法をぜひ実践してほしい。
過去の「#ムー開運記事」はこちら

文=雨宮 零

ムーマガジン様用写真2

雨宮零(あめみや れい)●1982年生まれ、滋賀県出身。関西学院大学経済学部卒業。引き寄せと改運(開運)を非常に得意とする。占いは現実的に活用できる技術と考え「努力×運=成果」を実践中。占術は九星術・断易・周易・四柱推命・宿曜占星術・タロットなど。占い館および企業イベント等で鑑定を行う傍ら、現在は東洋占術の大家・大石眞行氏に師事。
鑑定・出演イベント情報、大石氏の講座情報など、詳しくは「想星堂」サイトにて。https://www.souseido.com/

干支は天地、九星は人を表す

 九星術の理論において干支は、それぞれ天干と地支であり、人間を挟む天地の気を表す。天干は文字通り天の気であり時間的制約を表し、同様に地支は地の気であり空間的制約を表す。干支はこれらを組み合わせたもので、人間を包み込む時間と空間の制約を表すことになる。
 この天地の間に存在する人間とその行動を表すものが九星であり、その意味で九星は、天干地支に対して人星ともいうべき存在。人間に対する制約条件である干支が表す環境に対し、それに対処するために人間がとるべき最も相応しい行動が九星で表されることとなる。
 それを具体的行動に落とし込んだものが今回のミッションである。

 なお、九星を使う占いには多くの流派がある。日本で主流なのは「気学」だが、この気学にも様々な流派がある。これらに優劣があるわけではなく、それぞれ非常に興味深い。(参考動画「うらない君とうれない君」
 ここのムー開運で使用しているのは、この園田真次郎先生が創始された気学ではなく、九星術である。当九星術には、気学と異なる解釈や見方も存在するので、九星術や東洋占術について詳しく知りたければ、私の師である大石眞行老師の講座で是非とも学んでみて欲しい。

5月後半は”投資””学び”の時期

 5月1日〜15日の開運法で記載したとおり、4月に引き続き、あまり穏やかさが期待できない時勢である。形のないものが強く、それらに振り回されやすい時なので、逆にそれを活かすこともできる。
「止まない雨はない」、「明けない夜が来ることはない」といったことをしっかりと心に留め置き、今できることを全うすることで、来たるべき吉運期に何倍もの幸運を掴むことができる。開運の種を植え、育て、実ればチャンスを逃すことなく、収穫することが大切なのだ。
 これら概念的な話を具体的な事象に落とし込むとすると、“未来への投資”として、資格の勉強、趣味や仕事を発展させるような学びはとても良い。現代に生きる私達は、何でもすぐに手に入る生活から、結果もすぐに欲しがってしまいがちだ。例え、すぐに結果がでるものでなくとも、この期間に“植えた種”となる自分自身のレベルアップは必ず、将来の糧になる。いつもは腰が重い…と動けずにいる人も、この時期を使って動いてほしい。


5月16日(土) 装飾品を磨き上げろ!

この続きをみるには

この続き: 2,194文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

この記事が入っているマガジン

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。