見出し画像

羽咋の人食い怪火! 未確認飛行妖怪「そうはちぼん」/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 今回は〝宇宙3部作〟の第一弾、「UFOのまち」に伝わる怪火の伝承から補遺々々します。

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

「UFOのまち」に天空より来たるあり

 数年前に「UFOのまち」――石川県の羽咋(はくい)を訪れました。

 駅前のオブジェ、建物の壁面、各商店の掲示物など、あちこちに見られる「空飛ぶ円盤」。もっとも目を引くのは、宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」でしょう。こちらでは月面着陸船、実物の帰還用宇宙カプセル、宇宙人の模型といった貴重な展示物を数々そろえ、平成9年にはNASAのエイムズ研究センターの博士、アメリカの海軍兵器研究所の博士、元CIA要員などを招いて「宇宙&UFO国際会議」を開いています。博物館の外観は、UFOそのものです。

 さて、宇宙の話も大変興味深いのですが、そろそろ妖怪の話をいたしましょう。

 羽咋という地名の由来はいくつかありますが、そのひとつが妖怪に関係する話でした。

 昔、この地の森に大毒鳥が現れ、土地を荒らし、人々を苦しめました。天皇はこれを鎮圧するため、磐衝別命(いわつくわけのみこと)を派遣します。勇敢な磐衝別命が見事、この悪鳥を射落としますと、お供の3匹の犬が悪鳥の羽に喰らいつきました。
「羽」を「咋(くらう)」――そこから「羽咋」という地名になった、というお話です。

 空飛ぶ円盤ではありませんが、「空から来る脅威」の伝承とは、「UFOのまち」にふさわしい由来だと思います。

 実は、この羽咋を含めた周辺地域では、妖怪好きとUFO好きの双方のロマンを掻き立てるような素敵な伝承があります。その最たるものは【そうはちぼん】でしょう。

人食らう怪火

 秋の日暮れ方に現れ、眉丈山の中腹を東より徐々に西へと移動する怪火がありました。これは【そうはちぼん】、あるいは【ちゅうはちぼん】と呼ばれています。
 この怪火は、どんな理由で、どこへ向かって移動していたのでしょうか。

 昭和3年刊行『石川県鹿島郡誌』には、こんな話があります。

【そうはちぼん】は、一の宮の権現様に「人を食いたい」と願いました。
権現様は「鶏の鳴かぬうちならいいだろう」と申されました。なんと、夕方から朝までなら、人を取って食っても良いとの許しを出したのです。
 権現様のお許しをいただいた【そうはちぼん】は、夕暮れ時に羽坂の六所の宮より現れ、深夜2時ごろに良川の山を通り過ぎ、金丸あたりからうろうろしだし、柳田あたりまで移動します。やがて、鶏の鳴き声が聞こえますと、しかたなく六所の宮へと引き換えしていったといいます。

この続きをみるには

この続き: 2,223文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
17
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。