水プラズマtop

セ氏2万度の超高温が危険な有害物質を瞬時に分解!! 「水プラズマ」が地球を救う‼/久野友萬・サイエンス最前線

セ氏2万度という超高温を発生し、物質を瞬時に原子レベルに分解する。しかもそのエネルギー源は、水から生まれる「水プラズマ」だという。はたしてその原理はいかなるものなのか? そして近未来に期待される活用法とは?

文・写真=久野友萬

水から発生する高熱のプラズマを制御する

 あらゆる物質を原子レベルまで分解する! そんなSFのような技術が誕生した。
 今回、紹介するのは最新のプラズマ技術で「水プラズマ」という。水を使って発生させるから水プラズマだ。ちなみに間違えやすい技術として、水中プラズマがある。こちらは文字通り、水中でプラズマを発生させる技術でまったくの別物だ。水プラズマは、水が生みだすプラズマの炎で、ありとあらゆるものを微粒子に分解し、無害化しようとするものだ。
 本誌読者なら、プラズマという言葉には馴染(なじ)みが深いだろう。気象兵器のHAARPや人工地震に使われていると噂されるのがプラズマ兵器で、未知の技術というイメージがある。だが実際のところ、プラズマは未知の技術でも何でもなく、核融合技術や工業製品の製造加工に欠かせないものだ。
 水から炎が生まれるというだけでも信じがたいのだが、発生した水プラズマに触れると、金属だろうが何だろうが、一瞬にして原子レベルに分解されて消滅するという。極端な話、まるで1950年代の古いSFに出てくる原子分解光線そのものなのだ。

0211豌エ繝励Λ繧コ繝杤04-2

発生した水プラズマ。セ氏2万度もの超高温になるが、その熱は周囲にはあまり広がらず、極端に熱くはならない。

0211豌エ繝励Λ繧コ繝杤06

水プラズマによって瞬時に消滅した、幾層もの鉄板。「溶けた」跡が生々しい。

 そんなことが本当にあるのかと思いつつ、株式会社HELIX(へリックス)に話を聞きにいった。
「鉄は、セ氏2000度で溶けますよね? 水プラズマの温度はセ氏2万度です。このくらいの温度になると、鉄は分解されます。では分解された鉄はどこに行くのかというと、気化してしまいます。見えないけれど、空気中に漂っているわけです」
 と、同社代表取締役社長の島俊浩氏は語る。

 消滅するわけではないのだ。超高温のプラズマによって金属が一瞬で気化し、ナノレベルの粒子となって空気中に四散するのである。そのため、あたかも金属が瞬時に消滅したかのように見えるらしい。
 現在は数多くの会社がプラズマ技術を所有しているが、水プラズマという名称で特許を持っているのは同社だけだ。その独自性はどこにあるのか。
 同社代表取締役会長の矢口博文氏は、次のように説明する。
「水蒸気をプラズマ化する技術は以前からあるのですが、まずお湯を沸かすのも大変なんですよ。仮に産業廃棄物の処理に使おうとすると、最低でも何百リットル単位で必要になりますから。だからうちは、水からどうやってプラズマを作るかを考えたんです」
 基本的なプラズマトーチ(炎の柱状のプラズマを作る。超高速で噴きだすため、プラズマジェットとも呼ぶ)は、高圧電流を流した電極にガスを通し、ガスをプラズマ化して高温を得る。あるいは電極からのアーク放電で、直接、金属を溶かしてプラズマ化してしまう。これに対して、水プラズマは文字通りに水をプラズマ化する。
 通常は気体に電圧をかけてプラズマ化するわけだが(金属をプラズマ化する場合も、溶けた金属が気化してプラズマになる)、同社は液体である水に電圧をかけて、プラズマを発生させるというのである。

0211豌エ繝励Λ繧コ繝杤DSC04726

今回、快く取材に応じてくれた、株式会社HELIXの代表取締役社長、島俊浩氏。

0211豌エ繝励Λ繧コ繝杤DSC04716

同じく株式会社HELIXの代表取締役会長、矢口博文氏。

トラックを利用してコストダウンに成功!

この続きをみるには

この続き: 5,538文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の2月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の2月分セットです。

または、記事単体で購入する

セ氏2万度の超高温が危険な有害物質を瞬時に分解!! 「水プラズマ」が地球を救う‼/久野友萬・サイエンス最前線

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
7
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。