見出し画像

人間らしくあるための破壊的共生と「与太郎正伝」/和嶋慎治・神々の椅子(最終回)

人間椅子・和嶋慎治氏による、楽曲解説連載、題して「神々の椅子」、今回にて最終回となるが、そのテーマとなる楽曲は「与太郎正伝」。宮沢賢治の世界と聞いて、あなたが想像するのはどんな自然だろうか?

文=和嶋慎治(人間椅子) #神々の椅子

バイクと虫とに囲まれて

 アリの呪いに見舞われた話は、前回お話したかと思います。砂利道に足をすくわれてバイクを倒した、という椿事だったわけですが、さて現場はいったいどこだったのか。先日発売の某バイク雑誌の記事において、さらりと述べてしまったのでもう隠し立てする必要もありませんが、僕は引っ越しをしました。転倒現場は、自宅前だったというわけです。

 引っ越しの理由ですがーーバイクいじりが趣味の自分にとって、都内での暮らしは骨の折れるものでした。おんぼろマンションの駐輪場には一台しか止められず、複数台あるバイクをコンテナに置いたり果ては港湾地区の倉庫(ぶっちゃけ横浜です)に保管したり……。好きなバイクに乗るのに、いちいち遠距離恋愛みたいな手間がかかるようになっていました。車も、自宅からほど近いとはいえ月極駐車場です。愛する乗り物たちと一緒に暮らしたい……それが理由の第一であり、すべてでした。(実はもう一つ、階下のインド人若夫婦の、獣のような痴話喧嘩および夜の営みの声、階段を上る度にするカレーの臭いに辟易したというのもありますが、それはさておき)

 男の夢、ガレージライフです。東京23区内でそれを実践しようとすると、僕の経済力では到底不可能ですが、ちょっと田舎に行けばなんとか実現できそうです。当時の家賃+月極駐車場代+バイク置き場代、これとほぼ変わらない賃料で、乗り物が全部置けるのです。このコロナ禍でできた暇を利用して、僕は引っ越しを断行したのでした。(あ、もう一つだけ理由がありました。ムー民的にいうならば、近い将来起こるであろう自然災害の際、できるだけ被害の甚大そうな場所から離れておきたかったのです。自分をというより、バイクを、です)

 あらためていいますが、引っ越し先は田舎です。僕の実家は青森県弘前市にあるのですが、おそらく、いや紛うことなく弘前より田舎です。東京からさして遠くないこんなところに田舎があったなんて、当初僕は大いに驚いたことです。農家が多く、当然ながら虫やら小動物やらがたくさん出ます。虫が苦手な方なら、まず間違いなく毎日悲鳴を上げて暮らすことになるでしょう。
 例を挙げますとーー。
 ダンゴムシ、毛虫の類い。ゲジゲジ、ムカデ。七月の長雨の後の炎天下の八月は、倉庫に入り込んだ何匹ものミミズを外に出してからバイクに乗るのが、僕の日課でした。いったい何種類いるんだという蜘蛛。ヤモリが玄関にいたかと思えば、数日後には毒々しいトカゲが訪れます。とにかく日々次なる虫たちが入れ代わり立ち代わり現れて、まるで新しい住人である僕の様子を見に、あるいは挨拶をしにやって来るようでした。
 真夏はけたたましい蝉の大合唱。夜ともなれば窓辺にカブトムシが止まります。ずいぶん久しぶりに見たものですから、興奮のあまり、副業にカブトムシの飼育でもしようかしらん、などと妄想をたくましくしてしまったのも無理からぬことでしょう。

 只今は九月ですから、秋の虫たちの鳴き声に毎日心が洗われる思いです。何といいますか、都会の喧騒を離れて別荘地暮らしをしているような、優雅な気分に浸れるわけです。

この続きをみるには

この続き: 1,891文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
29
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。