夢見入門top

予知夢を見分け、背後霊と交流する方法がある! 実践「夢見入門」/不二龍彦

われわれが夜ごとに見る夢の大半は、記憶の整理にともなうものか、身体の状況を反映するものだ。しかし、ごくまれに霊的な意味を持った「霊夢」または「予知夢」を見ることがある。それらは、個人を守護する背後霊が、どうしても本人に知らせねばならないと判断したメッセージであるという。
夢を30年以上にわたって研究してきた不二龍彦氏に、予知夢とそうでない夢の見分け方や、予知夢を見るための心得を伝授していただく。

文=不二龍彦

予知夢の大半は背後霊が見せている

 本稿では、まず「霊夢」や「予知夢(正夢)」と呼ばれる夢について解説し、そのような夢とごく普通の夢との見分け方について述べ、さらには霊夢の見方を紹介していきます。
 霊夢とは何かということに関しては、心霊科学の分野でも諸説があって、まだ明確な定義づけはなされていません。本稿はこの問題を論じるための記事ではないので、霊夢の辞書的・古典的な定義である「神仏のお告げのある不可思議な夢」(『日本国語大辞典』)という定義を軸に、以下、霊夢を概説していくことにします。
 心霊科学協会理事長だった吉田正一氏は、霊夢(夢知らせ)は「霊視現象」だとしたうえで、①「客観的霊視」と、②「観念的霊視」に大別しています。
 ①の客観的霊視は、実際に近未来に起こる現象を、ありのままの姿でリアルに見るタイプの夢(霊視)です。この種の夢は、解釈の必要がありません。夢で見ている状景、伝えられるメッセージが、そのまま近未来の状景になっているからです。ただし、客観的霊視に属する夢はまれで、例はさほど多くはありません。霊夢の大半は、②の観念的霊視に属しているのです。
 そのメカニズムを、吉田氏はこう説明しています。

「背後霊がその視覚観念を霊視能力者(霊夢を見ている者)に印象することによって、その霊視能力者の心の裡だけで視覚観念が展開する場合をいうので、これを印象的霊視または主観的霊視ともいう」

 表現が硬くてわかりづらいのですが、要するにその人と関係している背後の霊、もしくは自分自身の霊が、何らかのイメージや、声・文字・数字などによるメッセージを、眠っている者の表層的な意識に印象づけるということです。イメージ化した思念を送ってくると考えてもよいでしょう。
 その念を受け取る者のことを、吉田氏は「霊視能力者」と書いていますが、たいがいの人は、眠っているときには霊視能力者になっています。ですから、この霊視能力者は、眠っている人のことと考えていただいてけっこうです。
 背後霊についても註釈が必要です。背後霊は、神や仏の姿をとるときもあれば、老人、仙人、童子、天女、祖先霊、師、龍などの姿をとることもあります。その実体が何であるかはまったくケースバイケースで、これこれと明示することは不可能ですが、最も広い意味での守護霊・背後霊としておけば、まず大過はないでしょう。ただし、マイナスの思いを抱いてまとわりつく死霊や障害霊のケースもあるので注意が必要です。
 そうした霊的な存在が、何かを伝えるために、睡眠中の人にメッセージ性を帯びたイメージを強烈な印象とともに伝えてくることを「夢知らせ」といい、古人はこれを「神仏のお告げのある不可思議な夢」と解釈してきたのです。
 また、霊的な存在ではなく、生きている人間がメッセージを伝えるケースもたまにあります。とくにそのケースが多く見られるのは、死や危機的状況にかかわる夢で、俗にいう「虫の知らせ」がこれにあたります。
 ほか、生きている者が怨念のかたまりとなって暗い想念を送りつけ、それに感応して見せられる夢もあります。生き霊にかかわる夢がその典型で、悪夢として印象づけられます。

観念的霊視の夢は解釈が必要になる

この続きをみるには

この続き: 5,586文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の1月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で配信された有料記事の1月分セットです。2020年大予言、兵庫県千種町のツチノコなど25本の記事を収録。

または、記事単体で購入する

予知夢を見分け、背後霊と交流する方法がある! 実践「夢見入門」/不二龍彦

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
6
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。