見出し画像

神霊を恐れ、心霊と暮らす 心霊大国タイ「ピー」信仰と怪談/髙田胤臣

タイ人たちはいつも心霊話をしている。日本人同様に怪談が大好きな国民性で、大人だって怪談が始まれば真顔でその話を受けとめる。
一方で、タイ人たちは心霊に対して日本人以上に恐怖心を抱く。タイの文化、タイ人の生活習慣や考え方に霊の存在が深く、密接に根ざしているのだ。
そんな心霊や怪談をタイ人たちは「ピー」と呼ぶ。仏教伝来以前から存在する「ピー」について知ることは、タイ人を知ることでもある。

文・写真=髙田胤臣

精霊信仰と仏教――両側面のピー

 タイ人が幽霊や心霊、怪談の話をするときには必ず「ピー」という言葉が出てくる。だれしも怖いもの見たさを心に抱くものだが、それはタイ人も同じ。怪談話をすることがなによりも好きだという人は少なくない。
 一方、多くのタイ人はピーの存在を異常なまでに恐れる。怪談が苦手な日本人も確かにいるが、タイ人はいい大人が夜中にひとりでトイレにいけなくなるほど怖がることも多い。それは、ピーがタイ人の文化や習慣に深く根ざしているからだ。
「ピー」は東南アジアにおいてタイと隣国ラオスにしかない。他方、東南アジア各国は主要な宗教が違うものの、歴史をひもとくと共通点がある。それは、各国に仏教やイスラム教、あるいはキリスト教が伝来する以前は「精霊信仰(アニミズム)」があったことだ。
 とくにタイは国民の約94パーセントが上座部仏教徒であるとされる。大半のタイ人が来世において地獄や畜生道に落ちないよう、日々寺院などで徳を積み、仏像に向かって手を合わせている。一般的なタイ人の最大の関心事は、死後に自身の魂がどこにいくのか、ということだ。これは霊魂などの存在を信じている証拠で、場合によってはその魂がピーになると信じている。

画像32

清められた油で赤く染まった仏像。

 しかし、この考え方はタイ文化においてはあとづけである。タイに上座部仏教が伝来したのは13世紀に入ってからで、当時のスコータイ王朝を治めていた国王らが政治利用してきた。タイは多民族国家で、主要な部族は、日本人が一般的に思い浮かべる肌がやや茶色がかったタイ族だ。このほか中国からの移民、インド系住民、陸路が接していることからカンボジア、マレー系、タイ北部には山岳少数民族などと、さまざまな人種が今もタイ国内に暮らしている。同じ文化や生活習慣を背景に持っていない人々をまとめるために利用されたもののひとつが仏教だった。
 しかし、それ以前にタイには精霊信仰があった。森羅万象、すべての事象や物体に精霊が宿っているとタイ人たちは信じている。このあたりは、森の木々や水などに神が宿ると信じてきた日本人に共通するものがある。これがタイ人と日本人の相性のよさのひとつでもあるのかもしれない。
 ただ、この精霊信仰もまたタイに暮らす人々をうまくまとめるために利用されてきたものでもある。最近はいわれなくなっているが、日本人も昔は、夜中に口笛を吹いてはいけないだとか、北枕は縁起が悪いといった注意事項を親や近所の大人たちからいい聞かせられて育ってきた。タイの精霊信仰のなかに出てくるピーの逸話にもそういった戒めをいい伝えるタイプのものが少なくない。

画像32

タイ上座部仏教で解釈された閻魔様。

 日本にあった精霊信仰とタイのものが違うのは、現在も教えや習慣がタイ人の生活や考え方に残っていることだ。
 たとえばタイ人には生まれたときから「チューレン」と呼ばれるニックネームがある。チューは名前、レンは遊びという意味で、遊びの名前、すなわちあだ名だ。タイ人の名前は宗教に関係した名詞から派生した単語がつけられることが多く、音節が多く日常的に使うには不便だ。そういった実用的な意味合いもあるが、本来は自宅で出産した際に寄ってくる悪霊たちに赤子を奪われないよう、人間とは思えない名前をつけて呼ぶようになったことが始まりだとされる。

画像32

潜水前に川の精霊に祈りを捧げる潜水士。

 また、タイの伝統音楽のひとつに「モー・ラム」がある。ラオス語に近い東北地方の方言で政治や社会風刺を歌うジャンルで、演歌と訳されることが多い。このモー・ラムのモーにはスペシャリストといった意味合いがある。今はモーとだけいうと医者を意味する。大昔は村々に呪術師の「モー・ピー」や薬草を調合する「モー・ヤー」などがいた。そのなかに、村のさまざまな伝承を歌で伝える「モー・ラム」がいて、現在は演歌として引き継がれている。
 このようにタイの生活に精霊が深く根ざしていて、タイの精霊信仰を日本の学者は「ピー信仰」と訳すほどピーが広く関わっているのである。

画像32

現在タイ最恐といわれる心霊スポットは、年始カウントダウンの火災で67人が亡くなったディスコの跡地。

ピーとは何か? その細分化と分類

 タイ人が恐れるピーだが、一般的なタイ人には細かな用語まで説明できる人が案外、多くない。というのは、この「ピー」にはさまざまな意味があるからだ。日本での心霊、幽霊、精霊、悪霊、怪談話など、なんでもかんでもピーのひと言でまとめられてしまう。そんなピーに関する代表的で基本的な単語をまとめてみた。

画像5

 一般的にピーといえば、狭義の意味ではお化け、幽霊、悪霊、妖怪を指す。広義では心霊現象全般、さらには神など霊的な事柄に関わるすべてがピーになる。ときに死体もピーと呼ぶこともある。

 2000年代初頭、タイでも日本のホラー映画『呪怨』が公開され、人気となった。タイ語の題名は「ピー・ドゥ」だった。このころから特に悪霊をピー・ドゥと呼ぶようになった。それ以前は「ピー・ヒアン」、あるいは事故死など自然死以外の死に方で亡くなるケースを指す「ピー・ターイ・ホーン」と呼ばれた。日本と同じように、自然死以外は地縛霊などになりやすいと考えられているのだ。

画像32

タイで最も有名なピーであるメーナーク・プラカノンが祀られた廟。

 タイ人の怪談好きはもう少し踏み込んだ言葉を用いる。よく聞くのが「ウィンヤーン」だ。ウィンヤーンは人の身体に宿っている霊魂だ。死亡直後に肉体から抜けたウィンヤーンは形が定まらず、人魂あるいは火の玉となって目撃される。タイではウィンヤーンは人形になる前に成仏し、もし長くこの世に留まるとピーになると信じられている。
 ただ、ウィンヤーンがピーになると多くがピー・ドゥになるとも考えられている。というのは、成仏しないことはすなわちこの世に未練があるから、ということらしい。未練の「念」によってウィンヤーンが正常な状態に保たれなくなり、悪霊化してしまうのだ。

この続きをみるには

この続き: 10,269文字 / 画像26枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
16
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。