新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

シルビア・ブラウンの大予言! 新型コロナ流行が開く終末の黙示録世界/宇佐和通

いま、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスによるパンデミック。その姿を10年以上も前にピンポイントで「予言」した女性がいた!
彼女ははたして、どんな未来を語ったのか?

文=宇佐和通

未来の出来事を予言した小説

 1898年、『愚行』という小説が発表された。モーガン・ロバートソンという作家によるこの作品のプロットは、イギリス船籍の豪華客船〝タイタン号〟が北大西洋上で氷山に激突して沈没した後、船員が繰り広げるサバイバル劇が中核となる。
 当時、無名作家のイマジネーションに過ぎなかったこの物語は、14年後の1912年4月15日に現実となる。イギリスのサウサンプトンからアメリカのニューヨークへ向けて処女航海に出た豪華客船タイタニック号が沈没し、乗客1500人あまりが亡くなるという、当時としては史上最悪の海難事故が起こったのだ。

画像1

1912年4月15日、乗客1500人あまりが亡くなるという、当時としては史上最悪の海難事故を起こした豪華客船タイタニック号。

『愚行』はタイタニック号の設計が始まる前に書かれたので、〝予言小説〟として紹介されることが少なくない。そしてこの小説とタイタニック号沈没事故の類似性については、さまざまな角度から比較検討が重ねられてきた。ロバートソンもタイタニック号沈没事件後に加筆し、『タイタン号の遭難または愚行』というタイトルで改訂版を出している。

画像2

のちに、モーガン・ロバートソンが加筆した改訂版、『タイタン号の遭難または愚行』。

 このように予言小説と形容される作品は、『愚行』だけではない。1981年に出版されたアメリカ人作家ディーン・R・クーンツの『闇の眼』という小説には、こんな場面が出てくる。

「『それを理解するには』とドンビーは言った。『20カ月前までさかのぼらなければならない。そのころ、リー・チェンという中国人科学者が、ここ10年間で中国政府にとって最も重要かつ危険な新型生物兵器の情報を収めたフロッピーディスクを持ってアメリカに亡命した。この兵器は〝武漢(ぶかん)400〟と呼ばれている。武漢市郊外の遺伝子組み換え技術研究所で開発されたからだ。この研究所で人工的な手法で生み出された400番目のウィルスだった』」

 お気づきのように、まさに「今の世界」の状況に酷似している。だが、出版されたのは――繰り返すが――1981年なのだ。
 そもそもこの文章がネットで話題になりはじめたのは、WHOによる新型コロナウィルス・パンデミック宣言よりもおよそ1か月前、今年、2020年の2月中旬あたりだった。予言小説という言葉が一瞬にして旬なワードになり、予言そのものにも注目が集まりはじめたのだ。

*関連記事:武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?

10年前に予言されていた2020年のコロナ禍

 予言といえば、まずノストラダムスの名前を思い浮かべる読者は多いのではないだろうか。
 ムーPLUSで2月6日に配信された記事(遠野そら氏)でも紹介されているが、気になる内容の予言がひとつある。

「海辺の都市の疫病は死が復讐されることでしか止まらないだろう 罪なくして咎められた公正な血を代償に 偉大な夫人は偽りによって辱められる」

 この詩に関しては「海辺の都市」が中国湖北省武漢市の華南海鮮市場の婉曲表現であり、そして「偉大な夫人」とは、中国副首相の呉儀(ウー・イー)を意味しているという解釈がある。
 呉儀は2003年のSARS大流行の際に、中国衛生部の隠蔽工作を暴いた人物であり、しかも新型コロナウィルスの発生地とされている武漢市の出身だ。確かにここまでの要素がそろえば、ほぼ当たっているといってさしつかえないかもしれない。

 しかし、このノストラダムスをはるかにしのぐピンポイントな表現で、今回の新型コロナウィルスのパンデミックを予言した人物が存在する。
 2020年3月12日、キム・カーダシアンという、アメリカのあるセレブが、次のような文章をツイッターで紹介した。

「2020年ごろ、重症の肺炎のような症状の病気が世界中に蔓延する。肺や気管支に損傷を起こすこの病気には、既存の治療法では効果がまったくない。病気自体についてもわからないことが多いが、不思議なのは、発生と同じくらいの速さで消え去ってしまうことだ。そして10年後に再び現れ、その後、完全に消える」

 文章を書いたのはシルビア・ブラウンという人物で、2013年11月に77歳で亡くなっている。アメリカでは知らない人がいなかったほど、有名なサイキックだ。
 問題の文章は、2008年に出版された彼女の著書『End of Days』に記されていた

画像3

シルビア・ブラウンが、2020年のパンデミックについての予言を的中させた著書『End of Days』。

この続きをみるには

この続き: 5,646文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。