小林清美top

あの座敷童子は異星人!? アーティスト・小林清美の宇宙的”接触”体験

幼少のころから、異星人とのコンタクトを続けるシンガーソングライター・小林清美さん。あるテレビ番組出演時に「彼ら」との遭遇体験とその関係について語ったことで、ムー界隈でも注目を集めた。はたして、その特別な関係性とは……詳しく話を伺った。
(ムー 2019年6月号掲載)

文=いわたみどり
編集=河上拓

小さな乗り物で彼らの次元へ

「彼らはよく私を上に連れていきます。子供のころは、それは単なる夢だと思っていたのですが、大人になってからの度重なるUFOとの遭遇で、徐々に『これは現実なんだ』ということがはっきりわかってきたんですね」

 そう語るのは、異星人と密接な関係を築き、コンタクトを続けているというシンガーソングライターの小林清美さん。音楽活動を続けながら、自らが社長を務めるプロダクションに所属するアイドルグループ「カード戦士EARNEST」やバンド「ロクデナシイタコ」をプロデュースしている。

画像2

小林清美さん。山梨県山梨市生まれ。シンガーソングライター。1994年にメジャーデビュー。シンガーソングライターとして活動しながら、多くのアーティストをプロデュースし、自身が主宰する総合音楽スクールK&Mミュージックで講師も務める。

 彼女は異星人とのコンタクト体験を「上に行く」と表現する。それは、その交流が必ずといっていいほど、宇宙にある彼らの住む異次元ともいえる場所に連れていかれるからだ。
 小林さんによると、彼女を迎えにくる異星人はふたり。これは幼少期に初めてやってきたときと現在までも変わらない〝人物〟なのだそうだ。いわゆる「担当」ということらしい。さらに彼らの価値観で、こちらの〝位のレベル〟が上がると、迎えの人数が増えることもあるという。

 宇宙へ連れていかれるといっても、肉体は地上にある。精神だけが離れて彼らと行動をともにするのだが、それでも上に行くためには、必ず乗り物に乗って上昇する。それはちょうど3人でいっぱいになるくらいの小さいエレベーターのような乗り物だという。
 彼らの姿は、基本的に人の姿形をしているそうだが、なぜか顔ははっきりとは見えない。

「性別はなくて両性的な存在。排泄の必要もなくて、究極の生命体といえるのかも。そしていうにいわれぬ穏やかさと温かみがあるんです。姿は人間ですが、植物のような……。草原の草の上に寝転ぶと気持ちがよかったり、大きな樹を抱きしめるとパワーを感じたりするじゃないですか。そんな感覚に近いオーラが出てるんです。人間の持つエゴのようなものがまったくないんですね」

02小林清美の宇宙人

小林清美さん本人による「彼ら」のスケッチ。

 彼らとの会話は直接語るのではなく、体に触れることですべてが〝見えてくる〟のだという。

「いろんなことが流れてくるというか、私の気持ちも相手の気持ちも、触れた一瞬ですべて理解しあえるんですね。そして、上では長い時間を過ごしている感覚なのですが、実際の地球上の時間にすると2、3秒の出来事なんです」

 さらに不思議なことに、連れていかれた後、必ずといっていいほどに左手が強くしびれるという。CTやMRIでくまなく体を調べたこともあるが、いつも原因不明と診断されてしまうのだそうだ。

「でも考えてみると、彼らと触れ合うときは必ずといっていいほど左手を使っているんです。はっきりしたことはわかりませんが、何かしらの関連性があるのかもしれませんね」

 また、上に行ってきた直後は帯電ともいえるほどに体内に電気が溜まりやすい状態になり、電気系統のものを壊してしまうことが多いのだという。ライブ中にいきなり照明が落ちてしまう、音響がおかしくなるといったことは日常茶飯事で、グループのメンバーやファンも最近ではすっかり慣れて驚かなくなってしまっているそうだ。

所属アーティストたちと行った「幽体離脱会」の様子。

幼年期に出会った座敷童子

 小林さんは幼少期からずっと自分が何かから守られてきたという感覚を抱いてきたのだが、実はそれはコンタクトしてきた異星人の存在と深く関係しているという。

この続きをみるには

この続き: 2,698文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の3月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。

または、記事単体で購入する

あの座敷童子は異星人!? アーティスト・小林清美の宇宙的”接触”体験

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
17
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ムーCLUB 2020年3月配信セット
ムーCLUB 2020年3月配信セット
  • 31本
  • ¥1,200

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。