オカルト探偵縁切り足利top

縁切りスポットを行くーー足利絵馬に見る本音呪詛の現在/吉田悠軌・オカルト探偵

オカルト探偵・吉田悠軌のライフワーク、縁切り絵馬の現地調査、2017年の成果をご案内。両毛地域に伝え守られてきた「縁切り」と「絵馬」の奇しき関係を、オカルト視点から説き起こす。

文・写真=吉田悠軌

画像20

吉田悠軌(よしだゆうき) 怪談サークル「とうもろこしの会」会長、「怪処」編集長。怪奇スポットや都市伝説現場へのリサーチを各種メディアで発表する“オカルト探偵”。写真は今回の現場、門田稲荷にて。

門田稲荷の縁切り絵馬 定点観測2017

 年の暮れから年始にかけて、世間は賑やかで活気ある雰囲気に満ちてくる。しかし私にとってこの時期は「人間の心の闇」と向き合うタイミングだ。日本最強の縁切りスポット、門田(かどた)稲荷への年に一度の参拝を行うからである。

画像1

「縁切の社」をうたう門田稲荷神社の看板。

 栃木県足利市の門田稲荷について、私はあちこちで何度も言及している。恋愛や人間関係などの解決を祈願する縁切り神社(寺)の中でも、最もインパクトの強い「縁切り絵馬」が並ぶ場所なのは間違いない。「別れろ」「死ね」といった言葉が連なるのは当たり前。嫌いな相手の顔写真を絵馬に貼り、ピンを刺したりカッターで切り裂いたり、顔中に穴を開けたり……。人々の怨念がつくりだすアウトサイダーアートのような絵馬群は、おそらく年始あたりで一部焚き上げられてしまう。その直前に1年の総決算を観察するのが、長きにわたっての私の恒例行事なのだ。

 もはや歩き慣れた境内を進むと、すぐに絵馬の掛け台が見えてくる。このところ祈願者が増えたため、以前は2つだった絵馬掛けは3年前から4つに増設されている。不遜ながら、私が多数のメディアで紹介した宣伝効果もあったとは思う。いずれにせよ「こういう場所があるなら祈願したい」と思う人間が決して少なくないということだ。

 さて、いよいよ今年の絵馬について品評していこう。全体として、この1年だけでも確実に祈願者の数が増加している。4つある掛け台にギッシリ並んでいるのはもちろん、もはやそこを飛び出して、庇ひさしに吊るしたり、脚部に紐を渡してスペースが作られたりするほど。
 内容については、恋愛と家族にまつわる悩み(不倫をしている側・された側、子どもの結婚相手が気にくわない、再婚相手の連れ子が嫌い等)はやはり多いが、それ以上に職場の人間関係トラブルが目につく印象。昨今のパワハラ・モラハラを問題視する傾向が、ここにも表れているのだろうか。また理由も書かずシンプルに「死ね」「呪殺」とだけ祈願している絵馬も多いので、そこは想像するしかない。

この続きをみるには

この続き: 3,439文字 / 画像19枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の2月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の2月分セットです。

または、記事単体で購入する

縁切りスポットを行くーー足利絵馬に見る本音呪詛の現在/吉田悠軌・オカルト探偵

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。