見出し画像

波に横たう禁忌の怪魚「万歳楽」の不気味/黒史郎の妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 今回は江戸の瓦版にも載ったであろう、当時の新種かUMAか……未知の生き物と伝承を補遺々々します。

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

怪魚、網にかかる

 図鑑に載っていない虫、見たことも聞いたこともない鳥、私たちの知らない生き物はたくさんいます。それらは突然変異で生まれたのでしょうか。それとも、昔からいるのに今まで見つかっていなかったのでしょうか。今でもときどき、新種発見のニュースはありますが、私たちはそのたびにわくわくさせられます。それは昔の人たちも同じです。未知の生き物が発見されると、それは大騒ぎしたものでした。
 
「月堂見聞集」巻之七には、怪魚が獲れたという記録があります。

 時は正徳2年(1712年)3月中旬。それは江戸深川の漁師の四手網(よつであみ)にかかりました。全長は7尺、鼠色で体中に長さ7寸の毛があります。頭部は鼠に似て、髭をもち、目の色は赤、尾は燕のように二股にわかれ、ヒレがあります。
 城へ献上されましたが、この怪魚の名を知る者はありません。そのころ、江戸に滞在していた近衛太閤はこれを見て、【万歳楽(まんざいらく)】と名づけたそうです。
「万歳楽」という雅楽の曲があります。とてもめでたいときに演じられるもののようですが、登場するものは怪魚ではなく鳳凰です。そのようなめでたい名をつけたということは、この魚を良い兆しの端獣として見ていたのでしょうか、あるいは、そうであってほしいという願いからの名づけであったのでしょうか。

 それにしても、魚とするには魚離れした容姿です。全身に毛が生え、ネズミに似た頭をもつということから、どうもこれは魚というよりも海の獣。アシカやアザラシといった鰭脚類(ききゃくるい)のように思えます。

 このほか、「徳川実記」には正保2年(1645年)8月23日に、紀州の浦で【万歳楽】という魚が見つかったとあります。その翌年の2月5日には、またもや深川の漁夫の網にかかって献上された「万歳楽」という魚について書かれております。
 どうやら、この怪魚はたびたび見つかっていたようなのですが、それらが同じ生き物であったかはわかりません。「月堂見聞集」にある【万歳楽】とは別物であるかもしれないのです。

 というのも、【万歳楽】と呼ばれる「魚」の記録もあるからです。

マンザイラクを忌む

 日本中の魚の呼称を集めた「日本魚名集覧」に「マンザイラク」の名もあります。

この続きをみるには

この続き: 1,325文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。