雨宮開運行動2top

公開記事●3月後半は爆音・赤い熱帯魚・西の寺社で開運!/雨宮零・九星術 ムー開運ミッション

爆音に身を任せる、赤い熱帯魚を捜す、西の寺社に参拝する……具体的な行動をきっかけに、運を掴む! 生活上の変化を実感しやすい3月から4月にかけて、引き寄せと改運(開運)を得意とする雨宮零氏が「開運ミッション」を指南。カレンダーや手帳にメモして実践すれば、5月以降のあなたの生活に、確実に変化が現れているはずだ。
なにかと沈むテンションの3月後半分、特別に全文公開する!
実感・体験については「#ムー開運」でnoteやブログ、SNSにどうぞ。

文=雨宮 零

ムーマガジン様用写真2

1982年生まれ、滋賀県出身。関西学院大学経済学部卒業。引き寄せと改運(開運)を非常に得意とする。占いは現実的に活用できる技術と考え「努力×運=成果」を実践中。占術は九星術・断易・周易・四柱推命・宿曜占星術・タロットなど。占い館および企業イベント等で鑑定を行う傍ら、現在は東洋占術の大家・大石眞行氏に師事。
鑑定・出演イベント情報、大石氏の講座情報など、詳しくは「想星堂」サイトにて。https://www.souseido.com/

干支は天地、九星は人を表す

 九星術の理論において干支は、それぞれ天干と地支であり、人間を挟む天地の気を現す。天干は文字通り天の気であり時間的制約を現し、同様に地支は地の気であり空間的制約を現す。
 干支はこれらを組み合わせたもので、人間を包み込む時間と空間の制約を表すことになる。
 この天地の間に存在する人間とその行動を表すものが九星であり、その意味で九星は、天干地支に対して人星ともいうべき存在。人間に対する制約条件である干支があらわす環境に対し、それに対処するために人間がとるべき最も相応しい行動が九星で表されることとなる。
 それを具体的な行動に落とし込んだものが今回のミッションである。

 なお、九星を使う占いには多くの流派がある。日本で主流なのは「気学」だが、この気学にも様々な流派がある。これらに優劣があるわけではなく、それぞれ非常に興味深い。
(参考動画「うらない君とうれない君」
 また、当九星術には、気学と異なる解釈や見方も存在する。九星術や東洋占術について詳しく知りたければ、私の師である大石眞行老師の講座で是非とも学んでみて欲しい。

3月後半のポイント=予定にゆとりを

 前回(→3月前半の開運ミッション)で説明したとおり、定気暦では3月5日11時59分から、3月節(占い上の3月)であり、九星で見てみると、2020年の七赤金星年に3月の七赤金星月となった。
 繰り返しとなるが、玄流(大石眞行流)では、この3月は小さな喜びや、プライベートの楽しさや恋愛運アップが期待できると考えている。また、ネガティブな側面としては、進めていたことが途中で終わったり、怠惰になったりしりやすいタイミングであるため、引き続きこの部分には気をつけること。浪費や口論にも注意されたし。
 この3月を過ごす全体的なポイントは「足るを知ること」であるとお伝えしたところだが、特に3月後半は、最後まで焦らないように過ごすのがポイントだ。前半を過ごしたところで、3分の1くらいの達成感があれば上出来であろう。3月後半は、世間的にも多忙になりやすい時期であると思うが、そんなときこそ、心と予定のゆとりを持つことが開運のコツである。

3月21日(土) 爆音で全てを吹きとばせ!

画像5

3月21日(土)癸亥日 六白金星 「爆音で全てを吹きとばせ!」

 六十干支最後の干支である癸亥日。干支とは、大きな単位だと10年ごと、あるいは、年・月・日・時(2時間置き)で切り替わっていくものだ。
 本稿での干支は日単位なので、60日振りの「締めの日」だと考えて欲しい。その最後にふさわしい開運法を今日はご紹介する。

 この2か月を思い返してみてどうだっただろうか。3月も後半になっているので、年が明けて早々の頃からの話である。この2か月にあった「嫌な出来事」や「忘れたいこと」を新年度に持ち越さないようにするための今日のミッションは「大きな音に包まれること」だ。
 ライブハウスやクラブ、カラオケ、パチンコ店などに出かけると良い。とにかく大きな音に身を委ね、「年が明けてからあった嫌なことや忘れたいことは。すべて今日の音が打ち砕いてくれる!」と強くイメージし、出先での出来事を楽しむだけだ。例にあげたのは感染症への警戒で出かけにくいとされている場所だが、電車の高架下や駅のホーム、BGMが流れる家電量販店やショッピングモールなどでもよい。
 大きな音が苦手な人は、ヘッドフォンなどで好きな音楽をいつもより少し大きめの音量で聴くか、未訪問の場所や降りたことのない駅などに行ってみてほしい。
 なお、後述するが、明日22日の開運法と両方できるようであれば、相乗効果にて更なる開運効果が期待できるであろう。


3月22日(日) 赤い熱帯魚を探せ!

画像3

3月22日(日)甲子日 七赤金星 「赤い熱帯魚を探せ!」

 六十干支最初の干支である甲子日、九星は七赤金星の日である。甲子は最初の干支であり、今日からまた新しいタームがはじまるのだ。更に九星でも年・月・日3つ七赤金星が重なり、今年の本格的スタートに相応しい日である。

 この日に実践してほしいのが、今からの約2か月間、大難を小難に、小難を無難に。そして、健やかで運気が良い日々を過ごすための開運法だ。
 アクアショップでも水族館でも良いので、この日は熱帯魚を7匹見つけることが開運法となる。できれば、赤い熱帯魚(金魚でも可)だとなお良し。
 熱帯魚を見つけたら、心を穏やかにし、口に出さなくとも良いので、ここから2か月間の目標を宣誓する。前回にも記載したが、目標はあくまでも、「◯◯になりますように」ではなく、「◯◯する」と断言で宣誓すること。特に新生活に関連したことがオススメだ。7匹の熱帯魚に向かって、7回唱えるイメージで行うこと。美しい熱帯魚たちを通じて天からの幸運を受け取れるであろう。
 外にでかけられない場合には、美しい熱帯魚の画像を携帯の待ち受け画面にし、同じく目標の宣誓をすると良い。


3月26日(木) 西にある寺社へ行け!

画像4

3月26日(木)戊辰日 二黒土星 「西にある寺社へ行け!」

 この日は、干支とも土行。さらに、九星も二黒土星と非常に土行が強くなる日である。
 この土行エネルギーを開運法に使うには、自宅から見て西の方位にある神社やお寺にお参りすること。その際のお賽銭はいつもより奮発し、丁寧に神仏に挨拶をする。また、今日ここに来ることができたことに対するお礼を忘れてはならない。
 そして、帰り道には寺社の近く、もしくは家の近くでも構わないので、何処か喫茶店やカフェで休憩を取ってから帰ること。ここまでが開運法となる。若い女性が楽しそうにおしゃべりしているのが聞こえたら、成功だ。

 この開運法は、金運アップの効果を期待するものなので、もし願いが叶った場合には、参拝した寺社へのお礼は後日必ず行うこと。個人事業主として働く人であれば、仕事の受注や集客アップ。勤めで働く人などは、直接的な金銭ではなく、欲しかったものや食べたかったものを偶然もらうなどの形で出てくることもある。
 西にちょうど良い寺社がない場合には、17:30〜18:30の間に自宅から見て西方位に散歩にでかけ、若い女性を4人見つけるという方法でも良い。

画像5

写真(すべて)=PIXABAY


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。

★3月31日までの期間限定マガジン「ちょっとムーでも読んでいきなよ」(無料)もお楽しみください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
33
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 218本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*