見出し画像

”裏アポロ計画”の宇宙飛行士が激白した月のモナリザの真実/並木伸一郎・フォーティアンFILE

アポロ計画は17号で中止されていなかった! 密かに「20号」まで続けられていたとされる「裏アポロ計画」で明かされた”月のモナリザ”の謎に迫る。

文=並木伸一郎 #フォーティアンFILE

*関連記事:「アポロ計画の謎と月面異星人」

名乗り出た〝幻の宇宙飛行士〟

 アメリカ航空宇宙局(NASA)による月面探査計画「アポロ計画」は、1969年7月20日、アポロ11号によって人類初の有人月面着陸に成功。科学技術および宇宙開発において偉大な足跡を残したものの、6度目の月面着陸をはたした17号を最後に中断された。以来、およそ50年間、人類は月に足を踏み入れていない。

 20号まで予定されていた計画が頓挫したのは、予算やサターンVの生産打ち切りに起因するとされているが、長きにわたり別の理由が噂されてきた。それは、宇宙飛行士たちが月面で地球外生命体、あるいはその痕跡と邂逅したことがきっかけとなり、計画が中断されたというものだ。
 さらに憶測が憶測を呼び、地球外生命文明探索のために計画は秘密裏に続行、20号まで完遂していたという噂までささやかれている。

 近年、この噂を裏づけるような映像が動画サイトに投稿されたことは記憶に新しい。映像は20号の極秘ミッションで獲得されたものとして話題を呼んだが、情報に乏しく信憑性は低いとみなされてきた。

 だが、2018年末、評価は一変する。その撮影者を自称する人物が現れたのだ。驚くことに彼は、3度にわたり極秘ミッションに参加。映像に映る宇宙船の調査にも従事したという。本稿では、この〝幻の宇宙飛行士〟の独白を追うことで、もうひとつのアポロ計画の実相を明らかにしていきたい。

画像1

アポロ計画の極秘ミッションに従事したジョン・ハロルド・ラヴィン。この写真はミッション時に撮影されたという。

アポロ計画につきまとうUFOの存在

 周知の通り、アポロ計画は発足の時点で地球外生命体との接触を予見していた。NASA設立時に作成された報告書「ブルッキングズ・レポート」にもそれが明記されている。文書は平和利用のための宇宙探査を嚆矢に作成されたものだが、同時に、地球外生命体との遭遇やその遺物の発見も前提としていたのだ。
 そして、1968年12月21日に打ちあげられたアポロ8号によって、文書の〝予言〟は現実となる。月軌道の周回に成功した同機が、その裏側で大型UFOと遭遇し、2度も攻撃を受けたのだ。
 その後も、UFOや地球外文明の痕跡の目撃は相次いでなされた。たとえば、11号では着陸船の至近距離を通り抜けるUFOや月面に遺る廃墟が映像で残されていた。
 続く12号では、アラン・ビーン宇宙飛行士の背後や彼のバイザーに不可解な建造物が、14号や15号が捉えた記録画像には1000メートルを超える巨大構造物が写り込んでいた。さらに、17号ではヒト型生物の頭骨が発見され、それ以上の〝何か〟を目撃した通信も記録されている。

この続きをみるには

この続き: 3,164文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
15
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。