大石開運法top

窓開け・花買い・散髪で願望成就! 東洋占術の大家・大石眞行が指南する日常の中の開運法

指定の日時に、窓を開ける、花を買って部屋に飾る、髪を切る。
たったこれだけのことで、チャンスが舞い込みやすくなり、金運・財運がアップし、対人関係が円満になるという。
それはなぜか? そもそも「運」とは何か?
東洋占術の第一人者、大石眞行(しんぎょう)氏が、ディープに、かつわかりやすくレクチャーする!

文=大石眞行

「命」は変えられなくとも「運」は人間の力で変えられる

「人が生きる」と書いて、人生といいます。生きるにはふたつのレベルがあります。
 まず、必要最低限の衣食住などを得ることにより生きていられる状態。これが生存です。ふたつめは、この生存の上に立ち、自分の意思を形にできる状態。これが生活です。

 人間の生活は、願望実現の連続といってもよいでしょう。
 受験生ならば、志望校に合格することが願望実現ですね。そのためには何が必要でしょうか。勉強して実力を高める。それは当然、必要不可欠なことです。しかし、それで本当に十分でしょうか? 入学試験の場合、実力的に合格確実といわれた人も、受験前日に事故にあって大けがをしたら、そもそも受験できません。
 そんなことは不可抗力で、本人にはどうしようもないと思いますか? 確かにそうですね。でも、こんなこともあるのが現実なのです。人はこれを「運が悪い」といいます。

画像3

写真=ぱくたそ

 私たち占い師は、この「運」という側面から人生を見ています。より厳密にいえば「命運」です。命運とは、それでひとつの熟語でもありますが、命と運というふたつの言葉の合成でもあります。
 先に置かれている「命」から見てみましょう。
 命はもちろん「いのち」ですが、じつは「いのち」は2番めの意味であり、第一義的には使命の「命」、つまりは「ミッション」という意味なのです。
 中国の天命思想では、人間は生まれてくるときに天から使命と、それを達成できる能力を授かって生まれてくると考えます。これが命運の「命」です。この人間は、ある目的を果たすために、相応の機能を持って生まれてきたという、いわば個人の機能説明書のようなものです。この場合の機能とは、いわゆる才能であり、能力です。したがって命とは、その人の可能性ともいえるでしょう。
 そして、個人が持って生まれた可能性を実現するには「場」が必要なのです。「場」とはTPO、つまり、時間、空間、人です。また、場との出会いを運といいます。場そのものを個人の力で変えることは、なかなか難しいのです。しかし、場との出会い方ならば、われわれ人間にも選択権があるし、演出の仕方も企画の仕方もあります。
 人間には、自由意志と自助努力があります。自分の手でよりよい生き方をつくることができるのです。つまり、持って生まれた可能性である命を自分の手で「運用」「運営」することが運なのです。
 多くの人は、この運を「はこぶ」と読んでしまいます。すると、自分は運命にただ運ばれるだけの存在、私は巡りあわせが悪いから何をやってもダメなんだという宿命論になってしまいます。これは、とんでもない間違いです。
 運とは、狭い意味では時間の流れなので、これを人間の力で変えることはできません。その意味では、人は確かに時間に運ばれるだけの存在でしょう。
 しかし、広い意味では、時間の中での場との出会いを表します。これを開発するのが開運、改善するのが改運なのです。
 人生という時間の流れを充実させるための、時間軸の上に乗せた行動計画。それが運であるといっていいでしょう。

 いったん整理しましょう。

①人間には「命」という先天的な可能性がある。
②その可能性が現実化する条件を「運」という。
③運がよいと、自分に必要な時、人、物事との出会いがある。

 この3つに加え、さらに大事な第4のポイントがあります。

④「命」や「運」は、人間の一挙手一投足というような細部に至るまですべてを縛り、操っているわけではなく、小さな物事には揺らぎがあり、かなりの部分は人間が自由にできる。

 したがって、うまくタイミングをとらえると、普通のときよりはるかに達成がたやすくなる。これが開運である。
 物事が成るか成らないかは、そのこと自体の難易度もありますが、じつはタイミングが大きくかかわっているのです。

 先ほど例に挙げた受験などは、その人が宿命的に絶対、合格できないのではなく、たまたま時期的に難しい運気だったということです。事前にそれを知り、回避すべく注意、用心をすれば、合格できたかもしれません。
 命とは巨大な慣性力のようなものですから、なかなか改変しづらいのです。だから「開命」や「改命」という言葉はほとんど使われません。
 しかし、運は人間の手で変えられるからこそ「開運」「改運」という考え方があるのです。

画像4

写真=ぱくたそ

 本稿では、具体的な開運法として、窓開け、花買い、散髪という3つの方法を紹介します。これによって、日常レベルの物事がスムーズになります。

この続きをみるには

この続き:5,378文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
5
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。