見出し画像

ウェールズ・トライアングルで軍事衝突!? 隠蔽されたUFO撃墜事件/並木伸一郎・フォーティアンFILE

世界各地で起きた超常現象の数々に、超常現象研究家・並木伸一郎が切り込む。今回は、ウェールズの魔の三角地帯で起きたイギリス軍によるUFO撃墜事件、その真相に迫る。

文=並木伸一郎

ウェールズの“魔の三角地帯”

 イギリス南西部に位置するウェールズ地方は、UFO多発地帯として有名だ。セント・ブライス湾とシュルーズベリー、そしてグロスターを結んだ三角地帯は「ウェールズ・トライアングル(魔の三角地帯)」と呼ばれ、1970年代には、小学校で児童15人がUFOに遭遇した「ブロードヘブン事件」や、「バーウィン山脈のUFO墜落事件」など、歴史的事件が数多く発生している。

画像3

1970年代に起きた「ブロードヘブン事件」を報じる地元紙。

画像1

「ブロードヘブン事件」で子どもたちが描いたUFOのスケッチ。

 さらに、周辺ではUFOの目撃報告やキャトル・ミューティレーションが頻発し、今なお報告事例が後を絶たない。

不可解な動きをする輸送機とUFO編隊

 そして2016年にも、近年まれに見るUFO事件が起きている。
 同年2月26日午前1時45分ごろから明朝にかけて、ウェールズ・トライアングル上空に三角形のフォーメーションを組んだUFO編隊が出現。その後、近くの森で謎の爆発事件が発生したのだ。
 目撃者のひとりで、ウェールズ・トライアングル付近にある、ペンティルフに住むカズ・クラーク(当時55歳)によれば、事件が起こる数日前から“予兆”があったという。

この続きをみるには

この続き: 3,558文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。