終末は常に目の前にある! 「ムー公認 毎日滅亡カレンダー」が告げる31の可能性

カレンダー自体は滅びない「毎日」仕様

 

最終戦争、巨大隕石の衝突、超寒冷化、パンデミック、または「恐怖の大王」の到来……。

「ムー」において、これまでいくつもの地球滅亡、人類破滅の危険性が提示されてきた。それらはあくまで仮説でありつつも、看過しがたいメッセージである。

そんな「滅亡」の可能性を31種類まとめたカレンダーが誕生した。

 

metuboucalendar2

 

その名も「ムー公認 毎日滅亡カレンダー」(発売:フロンティアワークス)である。

日めくりカレンダーだが、年月は記載されていない「毎日」モデル。1~31の日付にあわせて、天変地異から文明の暴走まで、地球や人類に迫る危険を確認できる。

 

metuboucalendar3

 

日付のみゆえに、何日、何年にわたって使いつづけても、カレンダーとしての使用期限は訪れない。つまり、「決して滅亡しない」のだ。

恐怖の可能性を日々確認し、終わりなきカレンダーをめくることで、あなたが抱くのは絶望か、または希望か――?

ちなみに、「9」の日は月刊ムーの発売である。そのページは、ぜひお手元に届いてから確認してほしい。

 

metuboucalendar5

 

metuboucalendar1

「ムー公認 毎日滅亡カレンダー」

価格:本体1500円+税 10月9日発売

発売:フロンティアワークス 制作協力:ムー編集部

年に7回の「31」を迎えるとき、あなたは未来を見るだろう。

metuboucalendar4

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル